新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
わかりやすく、確実性の高いサービスですね。
障害者が自立できる世界の実現は高齢化を迎える我々にとって非常に重要です。

技術の発展によりいずれなくなるサービスだろうとはわかっていても、今困っていることに目を向けて行動するのは簡単なことではありません。

収益性は課題だと思いますがこう行ったサービスこそ国のインフラとして取り込んでもらえないかと思います。

追記
日本は世界に先んじて高齢化を迎える国ですから、高齢化社会にあった国づくりに力を入れなければならないと思います。むしろ、モデルづくりをしなければなりません。

高齢化社会のインフラ整備を世界に発信するという発想を持って欲しいです。
昔、学校で点字クラブなるものに所属していて、点訳や盲学校との交流もしていたことがあります。いまは技術の力をつかってどんどん素敵な世界になってきているのを感じます。

下記は、この記事に関連する他の事例。

リモートで視覚障害者の目になれるボランティアiOSアプリ「Be My Eyes」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/16/news069.html

グーグル、目の不自由な人に周囲の情報を伝えるアプリ「Lookout」を発表
https://newspicks.com/news/3015079
初めてみた時、率直にアナログなプロダクトだという印象を受けました。最近は、文字を読み上げてくれるスマートグラス「OTON GLASS」などもありますし、様々なテクノロジーがなだれ込んできている分野でもあります。
しかし、実際にリモートアシストを使っているという方と話してみて思ったのは、教えてくれるという機能面だけではなく、使用することで生まれるコミュニケーションに価値を見出している方も多いということです。ご高齢のユーザーの方も多いそうで、アナログだからこそ生まれる価値というものもあるのだなと再認識しました。
視覚に障害がある方にとっては音声情報があるだけで、世界が広がっていきます。

例えば、散歩のときに周りの情報をリアルに伝えてもらえるだけで、景色が想像できたり、楽しさが増したり。

そう考えると、AIなどで自動認識するものも増えてきていますが、こうしたヒトが介在するものも、まだまだ必要だと考えています。

可能性を感じられるサービスですし、ぜひ広がっていくと良いなと思います!
人力なら「差出人だけ教えて」とか「終バス何時?」とか複雑な要望にも瞬時に応えられますし、なかなか便利そうです。

読み上げる側もネットで繋がるなら在宅でできますし、案外、他の就労困難な方の助けになったりするかもしれませんね。
リモートワークにも繋がる話題だなと思いました。
今はボランティアの方がサポートされているそうですが、これが仕事になれば家にいても働ける方も増えますね!
アイディアが本当に素晴らしいと思いました!
この連載について
スタートアップは、世界を変える小さな種。しかし創業期のスタートアップは、革新的であればあるほどプロダクトやテクノロジーの凄さを理解するのが難しいという側面もある。NewsPicksでは、動画という視覚・聴覚で直感的に理解できるコンテンツでスタートアップを継続取材。3分でわかる最先端の企業情報をファイル形式で伝える。