新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、シャープの山本さん、ローソンの白井さん、サントリーの坂井さんとブログやツイッターの昔話で盛り上がってしまったのもあり。
ソーシャルメディアサミット中の投稿が意外な展開を見せたこともあり。

最近話題のツイッターをやめます投稿を見て考えていたことをブログに勢いで書いてみました。
私もツイッターが苦手なタイプで、過去何回かがんばってやってみようと思ったこともありますが、なんかもう見ていられない感じになってしまいます・・・(若干食わず嫌いなところもありますが)

ポジティブな可能性についてきちんと言及されている記事はあまり見たことがなかったので、とても新鮮でした。
ツイッターはインフラになっているという言い方がされることも多いですし、やっぱりもうちょいがんばってちゃんと覗いてみようかな、と思ったり。
2011年頃?からツイッターを使い続けてます。一時期は疲れて全く見なくなりました。コミュケーションを断ち単なるニュースボット化して、さらにはコメントや考察はクローズドなNPでやるようになりました。ツイッターで見知らぬ人から来る攻撃に反応し続けるのに疲れてしまったんですね。でも、もう知らん人なんやし嫌なら見なければいいんやなと割り切って攻撃してくる人はミュートないしはブロックで見なくするようにしました。最近また少しずつ見てます。

SNSもインターネットも道具であることを忘れてのめり込むと疲れてしまうんですね。義務感とかでやるもんではなくて。

うまく距離を置きながら、活用すれば想像もしなかった化学反応みたいなことも沢山起こり得ます。このNPで言えばKatoさんらと直接会えたのはツイッターがあったからですし、ツイッターで言えば私はプロピッカーになる前のOさんとはツイッターで知り合って台湾で朝ごはん食べたのもツイッター経由で連絡取り合ってお会いできたりしました。
昨日も5年前から飲もうと約束してた人がまさかのシリコンバレー赴任になり歓迎会になりました。そりゃ、ツイッターが無ければ絶対に出会うことは難しい方々ですよ。

目的意識をきちんと設定してツイートするテーマ設定を固めておくことがツイッターをやる上ではそうした化学反応を狙うためのコツかもしれません。バズりたいとか思ってるとあんまりいいことは起こらない気もする。
過去:ちょっとした情報→身近なつながり
今:ちょっとした情報→世界と広くつながる。Twitterは正にこれ!
確かにユーザー勝手な物言いはあるかもだけど、それ以上に今回の記事のような【熱いつながり】をまだまだ産めるのがTwitterだと思う。
私はこれからも使っていきます。
なんでもそうですが、使い方次第ですよね。。
マイナス面もすごく理解出来るし、一方でこれだけ拡散力を持てるメディアは他にない。
広告配信メディアとしては、やはり他にはない優良メディアの一つだとは思います。
拡散の力が個人の発信をエンパワーメントすること、そしてそのつながりによって社会的な功利が増していくこと
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.34 兆円

業績