新着Pick
237Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かにアメリカには寄付文化が浸透していますのでクラウドファンディングといっても、スケールも意義もかなり違うなと感じていました。
寄付、投資、販売(お金を出す方からすると購入)のどれでも私は基本的に良いと思います。
一番大切なことは、そのどれに当たるのかきちんと明示しているプロジェクトであることだと思います。
私の周りにもクラウドファインディングを使っている人が随分いますが、高らかに理想を掲げていましたが、寄付というか、実際は生活費支援に近いようなものだったりします。
クラウドファンディングに必要なことは、寄付、販売、投資のどれでも構いませんが、集めた資金の使途をきちんとフィードバック出来るように資金を見える化することではないでしょうか?
クラウドファンディングの会社では、事前の審査にかなり時間をかけていますが、結論として使ったお金の使途を開示すれば一目瞭然です。寄付といいながら、自己満満足や生活費に使ったプロジェクトをやった人には、次はないようにすればよいのだと思います。
クラウドファンディングには、基本的にプロダクトに対する購入のイメージでお金出してることが多いので、ポシャッたりすると残念でならない。最近はpupscanてので散財(製品もできなかった。。。)したのが確定したし。

まあ、まだ見ぬ「あればいいなあ」に金出してるという意味では寄付なんだろうけど、やっぱ製品手にしたいわけで。。。複雑な気持ち。

プロダクトの魅力とは、大企業のクラウドファンディングでも、スタートアップでも関係ないと思うので、夢あるものを創ってほしいと思います。