新着Pick

フェイクなインスタアカウント「フィンスタ」が流行る理由

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本文は発信者側の問題と受け手の問題をごっちゃにしているけど、発信者側の問題にフォーカスした方が分かりやすいかと思います。別に受け手が鬱になるからという理由でそれを慮って別アカウントを作るわけではないでしょう。

1万人に情報発信するのと、友人20人に情報発信するのとでは本質的に意味が異なります。
前者は最大公約数を取りにいくメディア的な性格を持っていて、そこには編集が欠かせず、感覚的には仕事に近い。インフルエンスの型のようなものがあって、そこに自分をハメていく行為を続けていると、自分をどんどん消していく羽目になる。
クローズドなコミュニティでは、1万人には支持されなくても仲間内ではウケるようなハイコンテクストな投稿が受け入れられて、自分のカラーや温度感を取り戻すことができます。仮にそれで場が白けても、それはそれで笑いになる。そういう密度の空気を吸うことが目的と言えるでしょう。

高校生が自然とタレントの顔とプライベートの顔を使い分けているというのはなかなか面白い現象だと思います。自分を俯瞰できるという面ではある意味成熟していると言えるかもしれない。