新着Pick
425Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤフーの安宅さんにお話を伺いました。前回の「レアな人材を目指せ」に続き、大学と企業の進むべき道について議論しました。
(1)個人は、レアな人材として活躍すること目指したキャリア設計が大切
(2)大学は、流行りの研究テーマを追いかけるのではなく、多様な研究テーマに投資していくことが大切
(3)企業は、安易な値下げ戦略ではなく、付加価値を生み出し続けていくことが大切

こうした戦略には、共通の軸があります。それは、「周りと同じことをする」のではなく、独自なこと、ニッチなこと、ユニークなことを追求し、新たな価値を創造するということです。

日本中で、ネットでも書店でも、同様の主張が数多く見られます。しかし実際には、この20年、頭ではわかっても、行動できてきませんでした。その結果、日本の生産性はどの産業でも低く、所得も低下し、株価は低迷しています。これは日本にユニークな病です。(あまりにユニークなので、1980年代の「イギリス病」と同じように、21世紀の「日本病」と呼べそうです。)

今こそ、行動するべき時です。

人気企業ランキングばかり見るのをやめましょう(本当にいつも人気ですよね...)。競合サービスをコピーして価格だけ「差別化」するITプロジェクトをやめましょう。下請けを競争させてコスト削減するだめのために、「戦略コンサル」を雇うのをやめましょう(心当たりのある方はNPに多いはず...)。

いずれも周りの納得は簡単に得られるかもしれませんが、豊かな未来につながりません。未来の社会を築くために、価値あるキャリアのために、勇気を持って「狭き門より入れ」。

ーーー
インタビューの前編はこちらです。
「安宅さんに聞く『これからの時代を生き抜く“レアな人材”になるための方法』」
https://newspicks.com/news/4040309/
表題についてはその通りで、実際に人口減の中で経済成長し続けている国はいくらでもあります。G7並み、つまり他の先進国並みの成長であれば、適切なマクロ経済政策を実施するだけでも十分でしょう。現実にはその時々の政権下で度々方向性を誤りデフレを長期化させてしまったのが「日本の成長は無茶」との思い込みを醸成してしまい、より根深い問題になってしまったのだと思います。
コストプライシングの発想は、新卒採用の現場でも感じています。

食品や飲料メーカーの場合、学生からの人気がまだ残っているので、優秀な人材との接点には殆どコストがかかりません。

ただ、いざ優秀な学生に内定を出しても、成長産業にいるベンチャーなどへ奪われてしまっています。

単純な採用単価だけで見たら、総額を採用人数で割って格安になると思いますが、将来価値としては良くて横ばい、殆どの場合は実質右肩下がりです。

サービスの価値へ投資をする事が出来ない組織は、赤よりの黄色信号ですね。
柴山さんのコメントにある通りで、足りないのは行動です。

昔からの課題は散々指摘されて、世の中の変化にも対応を迫られているのに変われないのは、大人の怠慢です。

人口が減れば労働力は希少性を増すはずなのに賃金は下がっているのは、経営者だけの責任ではなく、価値を生み出せていない労働者にも責任があります。

安宅さんが指摘するように価値の意味が変わったことを自覚して、トップからもボトムからも価値の創出に必要なことに力を注げるように、仕組みを改めていかないと、数年で極めて深刻な状況に陥ると危機感を持ってます。
付加価値の増加が成長という見方もありますね。
これを見ると生産性が低い要因は、プライシングの問題に見える。
付加価値とプライシング。御意。
高税率高福祉で世界中に知られてたけど結局は出生率1.4のフィンランドの先行きとか考えると日本は可能性はあると思うな。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.17 兆円

業績