新着Pick
219Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「一度休むとまた集中するまでに30分はかかる」と先生に言われて、受験生時代は気の散らない環境構築にすごく気をつかっていたものです。
あの頃を見習いたいくらいに今は色んな通知であちらこちらに意識を持っていかれています。
僕はここまでは徹底できていないですが、緊急性のない通知はガンガンオフにして、また集中して作業しているときはiPhoneを裏返しにして近い環境を作るようにしています。
ツールはうまく使いつつ、ただし作り手の意図するゲーミフィケーションをうまくかいくぐって自分の時間を大切にしていきたいものです。
人の脳は、同じ場所・同じツールで複数のことをやるのに向いてません。

例えば、不眠症患者は眠れない時にベッドに居続けるとそこは寝られない場所だと認識してしまうので、寝られない時はベッドにいない方がいいそうです。

仕事もSNSもゲームも何もかも1つのiPhoneでやることは、どれに対しても薄い体験になってしまうはずなんです。
うーん、やらないかな(笑)
そもそも、スマホに時間を奪われることを絶対的な悪と捉えるのに違和感があります。私自身、極度のスマホ中毒で、たしかにもう少しスマホと距離を置きたいとは思っていますが、それはスマホを使うことで、もっと大事な体験を失うことを危惧しているだけです。家族で出掛けている時、子供と遊んでいる時、友人と食事している時、これらの貴重な体験の最中にスマホがグイグイ割り込んでくるのは避けたいです。でも、退屈な電車の中とか、仕事の休憩中とかはスマホの先にあるエンターテイメントに救われます。そんなエンタメを削除することはできないですね。
これだけ削除すれば確かに気が散らなくなるとおもいますが、ほとんどの人々にとって削除し続けるのは不可能でしょう。

私は、ほとんどのアプリの通知をオフにしています。
音声はもちろん、表示もほとんど出ません。

必要なアプリは定期的かつ集中的に見るようにしているので、ほとんど支障はありません。
LINEとか見落としたりすることもままありますが、重要な用件ならまた連絡が来ると割り切ってます。
スマホから余分なものを取り除くのではなく、朝まで金庫に入れて物理的使えなくするくらいの思いっきりの良さが必要かと。
自分はまさに朝まで金庫へ物理的にしまっています。

毎朝4時起きなので、アナログな日記から始めて、今デジタルデバイスを開きました。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
100 兆円

業績