新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヨーロッパのニュースでは、拿捕未遂というより、嫌がらせという語で報じられている。もちろん発端は、7月4日、イギリス海兵隊が、EUの制裁に対する違反を理由にイランの大型石油タンカーをジブラルタル沖で拿捕したことだ。問題は、その際、EUの制裁に関することなのに、イギリスはEU側と一切の協議をせず、アメリカの依頼をダイレクトに実行した点である。これでは、わざわざイランから敵視されることを買って出ているようなものだ。
米政府当局者の話として報道されています。イラン革命防衛隊と思われる5隻のボートが英国のタンカーの拿捕を試みたが、近くにいた英海軍が追い払ったので難を逃れた、という内容。
 「ほらみなさい、タンカー護衛有志連合に参加しないと自国船が危なくなるよ」という宣伝キャンペーンに使われることは間違いないでしょう。
こちらのニュースへの報復と...事態はますます緊迫しているような気がします。

英がイランのタンカー拿捕、西側との対立激化の恐れ(Reuters)
https://newspicks.com/news/4027544/
「フリゲート艦が小型艇に対して機関砲の照準を合わせた」
忘れかけてましたけど洋上でこういうことするのってこういう意味があるんでしたよね。ホルムズ海峡だろうが日本海だろうが世界中どこでも。