新着Pick
232Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
間口を広げるといいのか!

コツは一様ではありませんが、テーマは悪くないのに全然読まれない記事は、一部の人にしか文脈が分からない文章になっていることも多いです。

その場合、より多くの人が読めるよう、前提や説明を省略せず書くことが、最も有効な改善策となるでしょう。



ただ、このように文脈の分かりやすさに配慮することには、「文章が長くなる」というトレードオフもあります。
「分かりにくい文章」の典型は、裁判所の判決(決定)文。

一般の文章を読むときに気をつけていることは、副詞や形容詞を省き、まず、主語と目的語・補語を把握すること。

接続詞は、書き手の論理を知る手がかりになる。ただ、注意深く選択しない書き手が多い。
丁寧な説明を心がけるのは大事だが、同じ文章を何度も繰り返すことになると冗長でかえって読みづらい。くどすぎず省略しすぎずちょうどよいところをいつも探している。
日本はハイコンテクストな文化と内外から指摘されることが頻繁にあるけど、前提を省略して話すコミュニケーションが一般的な社会であるっていうことが理由かもね。
バカが書く文章は「分かりにくい」し、
バカが文章を読むと「分かりにくい」と言う。
読み手の理解力が想像できていないからですねぇ
自論に陶酔してしまっているというか、興奮状態が伝わってくるかのような長文は苦手です
(まず読まない
ちょっと読んでみて、分かりにくかったら読むのをすぐ止める。