新着Pick
167Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
コーポレートファイナンス分野の実証研究では女性取締役、女性社長だからいいという統一的見解は無いです。むしろ、男性だらけのなかに、ダイバーシティーをもたらすことで空気を破る効果が報告されています。記事で印象的なのは創業家系の就任が多いとの話。これは海外でも言われている話ですよね。
女性社長という言葉がはやくなくなりますように。女性だからとかまずはお手並み拝見的な目で見られるのつかれるよー
自分の実感としてですが、「女性社長」という言葉はもう使いません。
まだこの言葉を見ることも多いけれど、使うことが難しい、あるいは恥ずかしいようになってきているのでは。
「クープマンの目標値」によると、市場に認知され競合に意識されるシェアは10.9%、市場参入者にとっての最初の目標値が6.8%。
全国の企業における女性社長比率は7.9%。
この数字はまだまだ低いわけですが、数字は感覚的なものが広がった後についてきます。
これからの超高齢化社会では、女性の感性が得意とする事業が多くなるような気がします。
介護になる前の高齢者に、新しいスタイルのコミュニティが必要になると思うし、そういう場で必要とする気配りは、やはり女性の方が感度が良いと思うわけです。
→これは差別でなはなく、個性だと受け止めて下さい

だから、起業のハードルが下がれば、高齢化社会では女性の方がアドバンテージがあると思うのは私だけかなぁ?
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。