新着Pick

上半期ビール類、2社がマイナス 19年、大手4社販売実績

共同通信
上半期ビール類、2社がマイナス ビール大手4社の発泡酒や第三のビールを含むビール類の2019年上半期(1~6月)の販売実績が10日、...
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビール市場がマイナス成長というのは毎度のことなので驚きはなし。今年の梅雨は雨も多く気温も低いし、夏も冷夏の可能性があるとのこと。厳しいことが重なりますが、そういう環境下でも消費者に支持されて成長して行くぞ!とクラフトビール業界を代表して自分を奮い立たせています。それくらいできないと日本のビール文化を面白くできないし!
日本酒全体の消費量が減って特定名称酒の消費量が伸びるように、ビールもクラフトビールがジワジワと伸びていくでしょうね。
酔うための飲酒から、ストーリーや生産背景も含めて味わう時代へ。
2019年のビール類の上半期販売実績は、キリンビールとサントリービールは2%増。アサヒは3%減となったようです。
本麒麟美味しいなと個人的には思います。