新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時間の無駄って厳しいなーと思いましたけど、記事を読んだら、確かに結構その通りですね。人事部がエラい会社はやめとけ、とか、面接官は最初5分の印象を残り時間で検算してる、とか。同感です。

結局、転職活動もマーケティングの側面はあると思います。自己分析はすごくしているのに、会社・ブランドのことを尋ねるとHPの情報だけであらら、みたいなケースは意外とある。詳細に調べて、自分の興味やキャリアビジョンとの一致を語られたら、説得力も好印象欲も増しますし、何より実態としての「フィッティング」が良くなりますよね。
相手に集中するというのは、その通りですね。その会社のどこに自分の需要があるのか考え、自分の持つアセットをどうアピールするか。
「深い」自己分析は就職・転職には確かにいらないと思います。

相手が欲しいものを自分が持っているかどうか、それをどうやって証明するか、が採用選考の本質だからです。逆に言えば、それぐらいの自己分析は必要でしょう。

ただ、それ以上にやり過ぎても闇に入るだけかもしれません。「本当の自分」という固定的な自分などたぶん無いからです。

人は環境に応じて自分を変えていける能力があり、いろいろな環境においていろいろな自分がある。それでいいのではないでしょうか。
「職務経歴書を書くにしても、自己アピールを書くにしても、また面接の場にあっても、主な関心を「自分」に向けるのではなく、「相手」に集中することが大切」
就職したいところ、転職したいところが決まっている人にとっては確かに山崎さんが仰るように相手を知る方が大事なのだろうなと思いました。
仕事のための自己分析という時点でノイズが多すぎるので、
自分のための自己分析をしていきましょう。