新着Pick
1104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジョナサン・アイブの解説記事なのですが、やはりジョブズの言葉が印象に残る。「ものを作るときに大切な心意気というのは、会うこともないであろう人への愛と心遣いなんだ」
突然、飛び込んできたジョナサン・アイブがアップルを去るというニュース。

Apple Watchのプロジェクトを終えてからは、今回ともに会社を設立したマーク・ニューソンと、U2のボノが主催するチャリティーに出品したり、ロンドンのホテル、クラリッジスのクリスマスツリーを手がけたりと、アップル外のプロジェクトも多かったアイブ。アップルを去る前兆はいくつもありました。

今回は、アイブのアップルでの功績から、どうして独立の道を選んだのか、そのすべてを解説します。
ジョブズの言葉は、人を奮い立たせるものがあって、かっこいいですね。

Appleが初期はデザインを内製ではなく、外注していたのは意外でした。

ジョブズ復帰後の発言や、ジョナサン・アイブが新会社の名前をLove Fromにした理由であるジョブズの発言など、面白い話がまとまっています。
読み応え、と言うか、見ごたえのある記事でした。

大凡の流れは分かっていましたが、こうやってデザインされた記事を見ると、より鮮明になりますね。

やはり、ジョブズがなくなった影響が、徐々に浸透していき、昔の駄目な頃の金儲け主義のAppleに戻っていった感がありますね。ジョブズの金儲けではなく、ある種の自己満足だけを求める姿勢は、なかなか出来るものではないし、ジョブズが居たからこそ、アイブも活きたのだと思います。

アイブの、よりデザインの現場に近いところに居たいと言う気持ちは、凄く良く分かりますね。アイブも金儲けしたい人ではないのでしょう。次のLoveFromでも活躍して欲しいですね。
「目標は、お金を儲けることだけでなく、すごい製品を作ること」とスティーブが言い切ったことにジョナサンは感動した。トップのひとことで、社員のモチベーションが変わり、見違える企業になる。
ジョブズ復帰以降のIDを率いたアイブ。それまでと真逆の開発プロセスを実行したからこそアップルは生き残った。強烈なトップダウンが革新的なプロダクトを生み出すには必要だってよくわかる。サービス事業に舵を切ったことでアイブはもうここでやるべきことはないって思ったのかな。すごく良いまとめでした。
天才たちによる少数精鋭のリーダーシップと組織的な統治は、交互に繰り返していくしかないのかもしれませんね。どちらかで行くと、必ず行き詰まる。
Jonはすばらしいが、Steveあっての逸材。
逆に言えば、Steveも、WazやJonあっての天才。

つまり、両輪ないと意味がないということ。

Jonの車輪が大きいだけに、もう片方の人材を見つけるのが大変だろう。

車輪の大きさが違うと、その場でくるくる回るだけ。
才能は発揮されてはじめて報われる
デザイン→エンジニアリング。エンジニアリング→デザイン。日本は後者かな?
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績