新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業の新規事業のテストマーケをクラウドファンディングでやるのは非常に理にかなってるし、良い取り組みと思います。伝統的企業であればあるほど、過去やってきたことで成功した人が上にいて、成功体験に引っ張られた判断になりますし、新しいことへの理解度は低い。いくらネット調査で「購買意向が○%あります」と言ったところでそれを突破するのは至難の技。ただそういう人にも「実際に売れてます」というエビデンスは非常に強い材料になります。また、事業企画者サイドも、実際に事業立ち上げ経験を持っている場合は希であり、机上の空論になりがち。それを知る意味でも「さくっと売ってみる」というのはめちゃめちゃ貴重な学びになりますね。
ちなみに記事の冒頭にある白鶴の日本酒は先日少し頂きましたが、甘口で日本酒好きとしては少し物足りないと感じましたがだからこそお酒初心者向けの商品は出てきにくいんだろうな、とも感じました
「お金に困っているように見られないか」
あまりその心配はないように思います。それよりクラウドファンディングの良さは作り手、仕掛け人の思い、情熱が感じられるところかなと。
白鶴酒造さんの場合も「出資に頼らなくてもいい」という100万円で若手のみでチャレンジされているというのは面白いなと思います。