新着Pick
25Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
いずれにしても時間の問題ではありますが、既に大統領選が本格化しているだけに、余計に政治問題化しやすくなっている点に注意が必要です。

加えて、調整が長引いた場合の実体経済への影響も、これまでのように景気が強い状況ではあまり問題になりませんでしたが、景気が減速するなかでは、意味合いが異なりうる点にも注意すべきです。
ティーパーティ運動以降、それまでほとんど政治争点でなかった「債務上限」が常に党派対立の火種に。
予算編成の遅れによる政府閉鎖は過去に何度も経験済みですが、デフォルトすらあり得る債務上限突破は、未知の危険領域です。たった1ヶ月程度早まっただけですが、8月が議会休会となることを考えると、仮に9月上旬までの引き上げが迫られる場合には、思いのほか時間的な猶予は残されていません。政権と議会の折衝は遅々として進んでいませんが、焦ってもらわないと困る時間帯です。
超党派政策センターは「議会が行動しない限り、9月上旬に債務上限を突破する「重大なリスク」が存在する」と主張しています。