新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学発ベンチャーは、ペプチドリームさん以外にも、サイバーダイン、サンバイオ、ユーグレナ、PKSHA Technologyなど、ユニコーンも誕生しています。

しかしながら、一般的なVCがなかなか大学発ベンチャーへ支援しづらい理由は3つぐらいあり、
1. (ニーズではなく)シーズからスタートするので、かかる資金の割には狙っている市場規模が十分でない場合がある
2. IT系サービスと比較し、事業化までに時間・費用を要するので、ファンド償還期限(通常10年)に間に合わない/IRRが上がりにくい
3. 技術の目利きやサポートできるキャピタリストがいない

昨今では、政府の後押しもあり、大学が出資設立するVCや、リアルテックファンド、Beyond next venturesなど、こういった領域へ積極的に投資できるVCも増えてきています。
是非日本の大学がもつ素晴らしい研究の事業化が進むことを願っています
ナノテクの研究現場に入ってみると、共同出願によって企業にロックされてしまった特許、研究室に過度な期待を抱き前に進めない企業…と、あともう一歩、二歩の惜しい、が色々転がっています。

国が作った(作ってしまった)ファンドの資金などを、単純なベンチャー投資だけでなく、企業に死蔵されている特許の買い戻しだったり、学術的には価値はないけどビジネス的には必要なデータ取得だったりに使えたりすると面白いのかもしれません。

研究と事業の境目が溶けていく方向に向かわざるを得ないとすれば、やはり大学本体で株の運用など含めてどこまで事業的なことをやってよいのか、という議論は避けては通れないですね。
問題の所在として、産学連携の噛み合わなさ、ということとは別に、大学内部での人文社会諸学と理工系諸学の連携の不在、があるのではないかと思います。
 理工系諸学は、社会のニーズや経済的需要を探し出す学問ではありません。それは仕方のないことです。社会のニーズ、経済的動向を俯瞰して整理する、あるいは新たなニーズをつくりだすのは人文社会学の持つ能力です(全ての研究者にそういうことができるとはいえませんが)。
 人文社会諸学か社会のニーズを見つけ出してきて、理工系諸学はそのニーズに見合った研究開発をしろ、ということではなく、人文社会諸学も理工系諸学の研究をよく理解し、社会のニーズとマッチさせたり新たなマーケットをつくりだせるようなプランを示して見せる、そこに企業も参画する、といったあり方が望ましいのではないかと思います。
日本で大学発のベンチャーは増えてはいますが、世界と比べれば全然いけていない。その原因は、ビジネスモデルがないから。

「大学で培われた技術やIP(知的財産)は、実際のビジネスで使おうと思った場合に、ほぼ90%使い物になりません。」ということなのですが、目線が甘いのが日本。

技術をマネタイズできる人がいないと、失敗する。
研究者の資質とベンチャー経営の資質は異なるもの。有名な大学の先生が代表を務めていたからといって事業計画の作り方や経営が分かっているとは限らない。むしろ分かっていないほうが圧倒的に多い。事業計画作成とビジョン構築を外注なんてしていたら既に先行きは怪しい。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
56.5 兆円

業績