新着Pick
570Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生活の効率化と時間の短縮という意味では「情報」「決済」「物流」に投資をしてプラットフォームを構築することは非常に効果的であり資本主義社会のなかでは勝てる道筋だとは思う。
一方、本当にそれでよいのか?進んでいる道がAmazonとかと同じになっていないか?
人間の非合理性を無視して突き進みすぎるとバランス感が崩れるのは過去の事例からも分かっていること。今後に注目。
たった1日で3.5兆円という金額を売り上げてしまう、中国の「独身の日(11月11日)」のショッピングフェスティバル。10年前の2009年、わずか27のブランドだけで、この企画をたちあげたのが、アリババの後継者であるダニエル・チャンです。

NewsPicksは先週、ジャック・マーから50兆円企業を託された、この経営者に独占インタビューをしてきました。

面白かったのは、彼がもっとも尊敬する経営者に、マイクロソフトの再建を果たしたサティア・ナデラCEOを上げたこと。マイクロソフトもアリババも、強烈な創業者がいながら、まったくちがうタイプの後継者によって「変革」することを、イメージさせるかのような内容でした。

アリババは2036年、20億人のユーザーを抱える企業になると公言しています。もはや国家を超えた経済体になろうという野望を、この経営者は叶えられるのか。ぜひインタビューをご一読ください。
「自分たちのビジネスを破壊するような、新しいものをつくれ。さもなければ、誰かに破壊されるだけだ」という危機感がアリババグループのパワーになっています。

アリババにできていないことを普通とはちがう視点から解決する。このDNAが浸透しているアリババはまだまだ伸びそうです。
生鮮食品を効率よく売り買いする難題に対する解が全てのリアル店舗は、物流倉庫になるべき、はスケールがでかすぎる。
ECのプラットフォーム・デジタル決済・物流それぞれを個別のビジネスと捉えてないとありますが、それを高いレベルでやりきっているのが改めてすごいところだなと思います。
おおっ、これは希少なインタビュー。

世界で2000年前後のインターネット第一世代に出来た会社の世代交代が今後進みます。その最初の例として今後世界が注目する経営者。
国境を超えて同じような境遇にいる経営者たちがナレッジをシェアしあいながらお互いを高めていく。

僕としてはまさにこういう世界をつくりたい!
非常にシンプルで力強い成長戦略。
ジャックマーの後継者問題はビルゲイツの後継者問題と同様、問題なくシフトされるなこれは。
ジャック・マーの後継者ダニエル・チャンのロングインタビュー。読み応えある
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
48.4 兆円

業績