新着Pick
258Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
18世紀末のヨーロッパで義務教育を構想していた人たち、特にフランス革命の指導者たちは、全ての子供たちを家庭から引き離して寄宿制で育てる案を検討していました。当時の最上流の知識層であった彼らから見ると、庶民の家庭にいたままでは、子どもが理想的な人間に育つことなど不可能であると思われたからです。古代ギリシアのスパルタの戦士団育成のようなものがイメージされていました。後の全体主義、ナチスやポル・ポト派の教育論につながっていく発想でもありました。それ以外でも、公教育や徴兵制などに大きな影響を与えました。
 階層が無くなる平等な社会というのは理想ですが、よほどの強制力がないとできないことです。家庭からは引き離した方がいいという場合も実際多いです。当然、行政の力でなければできないことです。
 強制力で理想を実現しようとすると、すぐに壁に突き当たります。壁を壊すと犠牲者が出ます。これは、近代社会では200年間試行錯誤してきたことなのですが、全ての子供を理想的な人間に育てようとするよりも、ガサツな人間も、教養のない人間も、古典教養の世界に生きている人間も、孤独に生きる偏屈な人間も、皆それなりに幸せに生きていける社会をつくるのが最適解である、という考え方が増えました。
 これからは日本も、ひらがなもおぼつかない外国人の子どもたちや宗教的習慣から日本人の理想とは程遠い価値観に生きる子どもたちも増えていきます。要は匙加減なのですが、全ての子どもに高度な教育を与えようとすると、おそらく歪がでてきます。
事業視点や運営視点で考えると拠点を限定したり集約したくなるものですが、様々な拠点を設けて繋げるという発想がユーザー視点で参考になります。

遠くのSCより近くのコンビニではないですが、学びに行く気軽さやハードルを下げることは大切ですね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。