新着Pick
923Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同じ業種(金融、コンサル、広告)でも、外資系の方が日系より平均年収が高い背景には、複合的な要因があります。
(1)給与水準がグローバルに決まっている
(2)人員数(FTE)が厳しく制約され、コア業務のみに集中している(せざるを得ない)
(3)終身雇用制ではなく、キャリアに成功しないと社外に出ざるを得ない。このため、残ったメンバーの給与平均が上がる

(1)については、昨日の大前さんの記事の冒頭で、その仕組みが詳しく解説されています。そして、最近では、ユニクロもグローバルな水準に合わせに行っていて、他の日本企業にも広まっていくことでしょう。

「ファストリ、入社3年で年収3000万円も 幹部に登用」
https://newspicks.com/news/3996694/

また、(3)の終身雇用を前提としないキャリアは、今後、日本企業でも当たり前になります。これも時間の問題です。

このため、(2)の業務効率が日本企業にとっての最大の難関です。現状、打開策がまだ見えていません。外資系で成功した人たちの若い頃の体験談で、「そんなことに時間を使うな。もっと価値のある仕事をしろ」と上司から言われてショックを受けた、というエピソードが必ずと言っていいほど出てくるのも、このギャップが根本的な要因です。こうした現状を受けて、最近では直截な提言も現れてきました。本記事のランキングで平均年収トップとなっている企業出身のアトキンソン氏は次のように述べています。

“日本の所得が少なく、生産性も低い。その結果社会保障制度が不健全になってしまったというのも、労働者の問題ではなくマネジメントの問題です。”

「日本人はなぜ『論理思考が壊滅的に苦手』なのか(出口治明×デービッド・アトキンソン対談)
https://toyokeizai.net/articles/-/288272

こうした歪みは平成時代の負の遺産です。私たち現役世代で歪みを解消していけば、日本経済や日本で働く個人にとって、大きな飛躍のチャンスとなります。
1位はやっぱりあの会社と思ったでしょうか? それとも、意外と感じられたでしょうか? 

現在は、その会社に入りさえすれば高い給料が貰えるという時代ではなくなりつつあります。つまり、同じ企業に勤める人同士でも仕事により給料はバラバラ……。本ランキングでは、それが感じ取れる結果となりました(特集では職種別、給料ランキングも配信します)。

ところで、社員による会社評価サイト「OpenWork(旧:Vorkers)」とコラボさせてもらって思ったのが、これだけ給料、待遇、成長環境、評価などが透明化された時代です。個人も自分が出来ること、やりたいことなどを明確に表明すれば、お互いの利害が一致し、マッチング精度は格段に上がるのではないでしょうか。

昨日配信した、大前研一さんの記事で大前さんも仰っていましたが、
https://newspicks.com/news/4033139/body/?ref=index
自分が出来ること、得意なことなどを、物語として語れることが、幸福な勤め先と出会う、重要な条件なのかもしれません。
ベストテンをほとんど外資が占める中、燦然と輝く「野村アセットマネジメント」。

野村證券のみなさんも、他の金融関係のみなさんも、驚く必要はありません。

私が在職したときとあまり変わらなければ、平均年齢がとても高いのです。
社員の中で、一番人数が多いのが次長か部長、その次が課長、平社員が一番少ない(女性社員を除く)が、私がいた時の人員構成でした。

同じ部に、部長が2人いたり、次長が3人いたり…逆ピラミッド。
当然、平均給与は高くなります。
外資金融が強い一方でコンサルが少なかったのが印象的でした。
MBAの知見などがコモディティ化し、コンサルの市場価値が下がったのでしょうか。
結びの「いずれにしても、給料の良し悪しは「会社」ではなく、個人の「仕事」に紐づく時代になりつつある。「寄らば大樹」の思想は、もはや通用しそうにない。」はまさにその通りで、会社側としては賃金体系を変えていかないと優秀な人材を確保できなくなってしまいます。
トップ10に金融会社が6社、しかも証券・資産運用会社ばかりがランクインしています。マネーゲームはそれだけ儲かるということなのでしょうか。とはいえ、GSは今本業が厳しい状況で、リテールバンキングに参入しています。そのひとつが、アップルと提携したApple Card。米国銀行は収益性がないとみて引き下がった案件です。投資部門とは桁違いに低い収益性なのですが、果たして今後も高い給料を払えるのでしょうか。

トップ10で実業で稼いでいるのはマイクロソフトとシスコシステムズ。20位まで入れると、実業が一気に増えます。高い生産性、高付加価値が高額給料を生んでいる。こういう企業がもっと増えてほしい。
GS, Citi, UBS, Google, BCG, Barc, Cisco,...
特徴といえば、外資系であること。業種で言えば投資銀行、コンサル、IT。
ITを除けば、20年間同じような状況だと思います。
太く短く外資でがんばるか、細く長く日系で地道にやるか・・・これも長年繰り返されてきたこと。

ただし、記事中で永濱プロが指摘している通り、平均値は意味がありません。
MD(資格でいうと社長も含めこれ以上はありません)とアナリスト(調査部門のアナリストという意味でなく、投資銀行部門では入社後暫くはこの呼称です)は、天と地以上の差がありますから。
一つの会社、一つの業界だけで稼ぎ続けることが出来る人はもともと数は少ない。世の中サバイバルゲームだから仕方ない。そしてそのゲームのルールが自分に合うかは、あまり自身の能力と良い意味でも、悪い意味でも、直接関係があるわけでもない。

当然だが、その業界に入るのも、その組織に入ること、そして生き残るも簡単ではないし、いろんな意味で努力も必要だ。

だが生き方が多様化している中で、自らを磨き続け、キャリアトランスフォーメーションをしていくことも可能な時代。

給与と業界、組織を短絡的に結びつけるだけでなく、自分のキャリア、スキルと、稼ぎ方の掛け算で結果的にここに出てくる業界水準もしくはそれ以上の稼ぎを得ることもできるだろう。

更に言えば給与としてお金を「頂く」よりも、起業したりして
お金を「集める」ことの方が、ガラス張りの高給よりも自由度が高まるし、生き方も多様化する。

お金は頂くよりも、「集める」ことが大切だと思います。
お金に縛られたくないなら。
こうしたランキングは非常に重要なのですが年収上げ高いほどに、out or upの傾向も強いように。目の前の金額換算値よりも、将来の見通しを考慮した現在価値計算で金額を踏まえてみるとより面白いかな〜と思います!
ゴールドマンOGです。記事にあるように、職種、個人によって大きく報酬レベルが異なるので、あまり平均値に意味はありません。又、景気の波にも影響されやすい。生馬の目を抜くような競争なので、職の保証はありません。
トップにいる外資系金融とその下にいる商社や広告会社ではまるで意味が違います。生存率が低いということは常時緊張を強いられますが、年功序列だと短期的にはボーッとしてても給料が減ることはないでしょう
この連載について
日本の会社で長らく根付いてきた年功序列が崩れ始めている今、ビジネスパーソンの給料はどのように変わっているのかーー。 NewsPicksではその変化を追うために、社員による会社評価口コミサイト「OpenWork(オープンワーク)」とコラボ。 職種別給料ランキング、脱・年功序列企業ランキング、時給ランキング、給料とモチベーションの相関図などを掲載。 給料の多寡を決定づける要素は、今、どう変化しているのか? 給料と働きがいの関係などについて専門家とともに、深掘りしていく。