新着Pick
400Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
池田編集長と一緒に取材しました。

王CEOが語る中国企業の未来も興味深かったのですが、彼個人も大変興味深いキャラクターです。ファーウェイ、中国科学院というエリート中のエリートのキャリアを捨て、小さなスタートアップを始める。その理由は「やりたいことができるから」、「AI時代にスタートアップに可能性があるから」。

中国民間企業の特徴は「旺盛な参入」、つまり起業家精神に満ちあふれた人々がアグレッシグに起業しまくる点にあります。技術がなければ戦えないAIスタートアップ時代は様相が変わるとも言われてきましたが、どうしてどうして、チャンスとみれば王CEOのような中高年すら地位を投げ捨て、チャレンジャーとしてビジネスに飛び込む事例から、中国ビジネスは今後も面白い世界が続くことを直感しました。

私は中国経済、企業専門のジャーナリストとして今後もこの世界の取材を続けていきます。記事という形で、またどこかで皆さんにお会いできましたら。再見!
骨太のインタビュー。
ーー
短期的に見ればマイナスですが、中長期的に見れば、別の影響が出てくるのではないか、と思っています。

つまり中国は、必死に乗り越えるでしょう。米中摩擦を経て、3年後の中国ハイテク界には、新たな状況が生まれているはずです。
ーー

この見方は主流となっていく可能性が高いのでは。
これを機にアップル、アンドロイドに並ぶ第三局OSのパンドラの箱を開ける、あるいは中国半導体産業が強化されるという類です。

トランプのファーウェイ対策緩和発言も、対中交渉の飴という面もあるでしょうが、この見方も影響していると推量します。
他の若い中国人スタートアップ経営者とは異なり、MITと清華大学について、とかく冷静に語っていたのが印象的でした。

アリババとも提携している、顔認識企業FaceOSの王CEOは、かつてファーウェイのエンジニアを務めた、清華大学MBAの出身。

特集の最後を締めるにふさわしく、「電脳チャイナ」の未来を聞きました。
凄まじく面白いインタビュー!やはり中国は人材の宝庫。強い。日本が勝ち抜く道は最先端のテクノロジー×エンタメしかないと確信してる。この領域はアメリカも中国もそんなに早くない。これからの時代独自性こそ全て!やりきります!


新時代に誰が覇者となるのか。やはりアリババがそうなるのか。

歴史を振り返れば、新たな技術が誕生して時代が変われば、新たな覇者が現れるものです。

ある覇者が時代を超えて、覇者であり続けるというのはかなり難しい。それは、科学技術の業界では、非常によく知られた現象です。

アリババが現れる前はレノボでした。しかし、かつての覇者は現在、あたかも嘲笑の対象にまで落ちぶれてしまったような気がします。
人工知能に賭けるFaveOSの王さんのインタビューから、中国アリババとテンセントの投資実態がよくわかります。「戦友」と「関所」の違い。どちらの経済圏が最終的に勝つのでしょうか。
王海增氏の語り口には、好印象を持ちました。
(ただしタイトル「アリババの時代は終わる」はちょっといただけないですね)

中国の企業家に会うと、グローバルな人脈形成の過程で世界の多様な価値感に触れてそれを理解をしていることに驚きます。我々日本の企業家も負けずにそうでありたい。

王海增氏のインタビューで注目されるのは、中国の未来に対する展望です。
トランプの宣戦布告は、中国企業を却って強固にするはずだという発想は秀逸です。
中国政府の人たちもこのような考えで対処すれば、トランプショックは乗り越えられるのにな、と思います。
最後のコメントは非常に重要です。
万事、塞翁が馬です。
これは後になって歴史として2019年を振り返った時に初めてわかる。

AI領域についていえば、既に市場が出来てきているのがニュースや動画などのリコメンド系と顔認識系、まだ顕在化していないが確実に来るのが自動運転です。
他にも今は注目されていない様々な分野が来るでしょう。
記事中でも触れられているように、

どれだけのキャリアがあっても

それを捨ててでも、やりたい事をやれるからチャレンジ出来る人は応援したいですね

非常に客観的で、冷静に状況を捉えていて分かりやすいですね

ファーウェイの任CEOの見方もすごいなぁと思います

人間万事塞翁が馬
は、中国でもよく使われていて

開き直る方じゃなく、前向きに捉える考え方ですね
アリババの時代は終わる。14日間続いた特集「電脳チャイナ」、ここに来て強烈で意外なコピー。顔認識市場のポテンシャルを知ることができたこと、中国の起業ラッシュを支えるテクノロジーと人材は戦略的な教育が支えていることを知れたのが最大の学びでした。面白かった!
アリババもテンセントも片っ端から新興企業に投資しています。はじめは買収して主導権を握っていましたが、今は投資だけしてうまくいく企業にさらに投資をしていく戦略です。どこが成功するかわからないからでしょう。
アリババやテンセントですら次が何かわからないからだと思います。
大きく成長するためには大きな刺激が必要です。米中貿易戦争はその刺激になると思います。乗り越えた企業が次の時代の覇者になるのでしょう。
トランプ大統領はものすごい巨人を育てている可能性があります。
この連載について
世界最大のテクノロジー大国になろうとする中国。その牽引役となっている「トップ1%」の頭脳集団に迫るため、NewsPicksのドキュメンタリー制作班は北京に飛んだ。14億人の頭脳ヒエラルキーの頂点に君臨する、清華大学とそのエコシステム、最先端のサービスを描き出す。