新着Pick
464Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと全ての人(国民)に教育を、という目的で決定打として出てきた制度が義務教育でした。貧困の連鎖を断ち切るのも、外からは見えにくい困難な環境に介入するのも、政府であるからこそできるのだ、と政府が公教育を担うようになりました。19世紀のヨーロッパでのことでした。
 実際、政府による義務教育の効果は凄まじく高く、識字率の向上や、新たな産業の急成長など、波及効果も莫大なものでした。今も義務教育の効果は認められていますが、世界中で綻びが出てきています。
 義務教育の時代を支えたのは、徴兵制の要請でした。義務教育を受けた兵士は強い、という認識こそ、各国政府が義務教育に熱心に取り組む動機となりました。義務教育は身体壮健な国民をつくることができます。文字の読めない兵士は使いどころが限られます。優秀な将校とは(弾道計算に必要な)数学ができる将校であり、数学のできる人材を広く国民から見出す必要がありました。
 義務教育を支えたもう一つの要因は産業の要請でした。労働集約型から資本集約型の産業が増えていく時代、義務教育を受けた労働者は必須でした。日本でも高度経済成長の時代に、義務教育の必要性を疑う経営者はいなかったでしょうし、綻びが出ないように投資することにも積極的であったでしょう。
 現在、徴兵制の時代は終わりました。中国がやっているように、何千ものドローンが戦場を飛び交う時代になるでしょう。知識集約型産業からは、義務教育では人材供給が不十分であるという声が多くあがっています。そういう産業は、当面は私立学校に投資し、公教育のために税金が使われることを嫌うでしょう。
 労働集約型産業や資本集約型産業がすぐに消え去ることは考えられません。建設業も農業も、小売業も、まだまだ存続するでしょう。しかし、そういう産業に必要なはずの義務教育は、おろそかにされつつあります。産業や政府が広い範囲のための教育にお金を出すことを期待しても限りがあるでしょう。歴史の大部分で教育を担ってきた宗教、あるいはそれに類似したNGOなどの役割が増えるでしょう。
原体験を踏まえた素晴らしい志の活動だと思う一方で、記事を読んで感じたのは、いったい学校の役割は何なんでしょうか?そもそも塾に行かないとついていけない、いい大学に入れない、好きなことを伸ばす機会がないという仕組みについてもっと議論され見直されるべきなのではないでしょうか?
確かに日本の中でも格差がありますが、日本人に生まれたというだけで受けている恩恵はかなり大きいと思います。
だからこそ、与えられた環境を最大限に活かすよう、意識して日々過ごすべきだと思っています。
>与えられた環境が整っていたことを忘れている人たちが多い
>努力をすることができた環境自体が恵まれたことで、そうした環境にいられない子どもたちもいることに、目を向けてほしい

人は、どのような環境に身を置くかで、受ける刺激が異なるため、意識や行動が大きく変わると、身をもって実感してきました。
自分からもそういう環境に身を置くようにしていく必要があると思います。
>身を置くコミュニティの重要性
整備された環境で学べることは確かに恵まれていますが、同じような境遇や価値観の人との関わりが中心になりがち。多様な人と協業をする社会生活を考えると純度の高すぎる環境はむしろ脆弱だったりします。

整備されていない環境を知っている人の方が、整備された環境や人との出会いに純粋に感謝できたり、学びへの感動が生まれやすいのかもしれません。
こんな方がいたとは。自分の限られた人生を何に使うのか、考えさせられる記事。
我らが炯植がイノベーターズトークに!
日本に最高の教育を根付かせてくれる本物のイノベーターです。
応援!!ものすごく楽しみな連載です。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。