新着Pick
266Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
単なる一企業の多角化には留めて欲しくないと思います。
鉄道はそもそもエコですし、アグリビジネス(オーガニック、循環型社会)、リサイクル(古民家活用)とかも合わせてエコとかをテーマにして世界的に新しいコンセプトを売り出していって欲しいですね。
その結果観光者も増え、他地域も似たような動きをすることで日本全体がエコを目指せればと思います。

下記の富山市の記事の時にも書きましたが、SDGsとか資金使途を明確にすることによって有利な条件で資金調達ができるかもしれません。地銀やユーティリティも入っていくと総合的なコンセプトになり面白いかもしれません。

https://www.zaikei.co.jp/article/20190702/518913.html?utm_source=news_pics&utm_medium=app
JR九州は、JR東海やJR東日本、JR西日本と比べても圧倒的に鉄道への経営依存度が低い。
通常、日本の鉄道というのは、ベースに「通勤通学」需要が大切なので、人口規模的に東名阪より小さく、出張ビジネス需要も少ないJR九州は、古くから観光に力を入れてきた。
(九州の方々の移動には高速道路網が発達してるためバスが他地域より強い)
「ゆふいんの森」や「ななつ星」は、有名だが水戸岡さんデザインの観光列車も多く走っている。
近年では、ほかのJR各社も、「ななつ星」を真似して高級観光列車を走らせているが、列車というハードは真似られても、JR九州の培ってきたホスピタリティという観光のソフト部分は一朝一夕には真似できないかもしれない。
近年ではアジアから近い九州は特にインバウンド需要が大きく活況を呈している。
そのため、JR九州が非鉄道事業強化は従前からの戦略のさらに強化発展版と捉えられる。
JR九州は、非鉄道だけでなく、自社の営業エリア(九州)以外で収益を上げることにも、積極的に取り組んでいる印象を受けます。
例えば「ドラッグイレブン(買収により取得)」は、東京都内に4店舗(買収後に展開)、沖縄県内に38店舗のドラッグストアを構えていますし、「うまや東京(JR九州フードサービス)」は東京都内に9店舗で創作料理店を展開しています。
地方に本社のある企業には、グループとしての持続可能性を高めるために、健全な利益を生み続けられるような体制を維持、進化し続けることができるかが、より大切な時期に来ていると思います。
都市部でも新しい事業展開を行ってノウハウ集積を高速で進め、そこで得た事業ノウハウや利益などを地元に還元する流れが、今後より進んでいくかも知れませんね。
JR九州は赤字路線ばかりだったので新規事業への危機感が凄い。民営化して本当に良かった。資産をPLに変えるのは経営の基本です。他のJRにも埋まってる資産はまだまだあるのでしょう。
地方の鉄道会社のほうがやはり人口減への危機感が大きく、早くから試行錯誤して新規事業にチャレンジしていますよね。
林田修一さんのコメントの、アグリビジネスやリサイクルと合わせてエコをテーマに世界的に売り出すという発想は、鉄道会社に属する者として大変参考になりました!
私も鉄道会社とマッチする新事業領域は何なのかと常に模索しています。
元々非鉄道が強い同社ですが、沿線に限定しない街づくりの強化によってより九州の観光魅力が高まる取り組みになることに期待ですね。
ここのところずっと不動産開発してきたから、次の段階かな。
素晴らしいね。
地域密着な非鉄道事業で、地域に新たな価値が生まれれれば生まれるほど、人が移動するので、移動を楽しんでもらえる鉄道事業にもチャンスが生まれそう。
もともと国営企業ね。土地の仕入れはタダみたいなもの。
新聞社ももともと土地を格安で払い受けて、今や不動産会社。
餅は餅屋なので、経済効率の観点からは嘆かわしい。
時価総額
5,480 億円

業績