新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SIer丸投げ、ベンダー任せの象徴的弊害。ベンダーは仕様書どおりに開発して納品するのが仕事。開発もスピードが出ないし、顧客目線で改善する視点はない。今回の会見で露呈したように、ユーザー側もITリテラシーが育たない。

エンジニアリソースを持たない、ソフトウェア人材がいない、日本企業でDXが進まない根本的課題と思います。ITはアウトソースしないで、自社のコアコンピタンスとして内製化すべき。リクルート、楽天、ユニクロ、メルカリなど、これが出来ている企業はほんの一部です。
子会社の社長の役割は高度経済成長時代と今ではだいぶ異なっている。昔はちょっとした上がりポジションとして子会社の社長があったが…
今の子会社の社長はそうじゃなくて、このディスラプティブな時代にもしかすると新たな成長エンジンになりうる組織をプレイングマネージャーとして先頭きって引っ張って、時には親会社を食っていくくらいのことが求められる。そもそも互いが異なる業種でそれぞれが専業のプロ集団として存在しないとグループのシナジーも出ないですしね。
だから、親会社とはもしかすると全然異なる、子会社が専業よする仕事のプロフェッショナルであることが第一条件のはずです。

日本の「社長」は本体社長含め、在任期間も短く、上がりポジション感がかなりありましたが、だいぶ前からもうそういう時代ではやっていけないんですが…もちろん素晴らしい会社もたくさんあるけれど。
セブン・ペイの社長会見は、危機管理上は失敗でした。二段階認証を知らなかったことが話題になっていますが、知らないものは仕方ありません。それより「事前のセキュリティー検査で「脆弱性は確認されていない」と保身的な説明をしたことは問題だと考えます。毎日新聞の一面コラム「余録」も指摘していますが「現実の偽札の氾濫を前に、お札の発行者が偽造は不可能と話すようなもの」です。また二段階認証を知らないことについては、詳しい担当者に説明を振るべきでした。広報担当者は社長の知識レベルを把握した上で、会見の出席者やその役割分担を入念に準備するべきでした。

以下を記事からテイクノートします。
ある大手コンビニ関係者は「セブンは自社の電子マネーを優先していたためか、バーコード決済で出遅れていた。今回、スケジュール先行で導入を急いだあまり、業界全体の信頼を損ねた」と落胆する。
ちょうど今、デジタルトランスフォーメーションの70%が失敗する(マッキンゼー調べ)理由として、トップや従業員のコミットメント不足、社内の部署間のサイロ化と相互協力不足、目標設定や責任が曖昧なこと・・などと各種資料をもとにリストアップしていたところです。(なお、これは日本企業のことでなく米国のこと)

ちなみに、最近の私の持論は、「AIとかDxとかに関して、人材育成とか他人事(自分はやりたくないから若いやつにやらせよう)とか言うな。まずは身近なITをがんがん使え。ITリテラシーは専門スキルじゃなくて、マッスルメモリーであり、スポーツと一緒で、やってれば慣れるもんじゃ。四の五の言わずに使え。」というもの。

普通にウェブ・モバイルのサービスを使う人なら、二段階認証を知らないはずがない。まずは普通に使うべし。
2段階認証は素人でも知っている話で、なぜ知らないのだろう?そして一体何を知っているのだろうか?
そしてセブン銀行との関係性。結構な株主ですが。

株式会社セブン・ペイ
株主及び持株比率
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(出資比率40%)
株式会社セブン・フィナンシャルサービス(出資比率30%)
株式会社セブン銀行(出資比率30%)
https://www.7pay.co.jp/company/
えっ、社長が2段階認証プロセスを知らないなんてことがあるのか? 私の使っているセブンイレブンアプリはタップすると、トップ画面に目立つ形で「7pay 新規登録」の案内が今も出てくる。もちろんクリックすると「現在、新規登録を一時停止中です」と出るんだけど、まったくユーザーフレンドリーではないですよね。
ひどい。
一言で言えば、電子政府の先進国エストニアでは起こりえないお粗末な現象が日本で起こっているということ。国民IDによる電子認証は安心安全なフィンテックには不可欠。マイナンバーを中心とした国を挙げてのデータ管理、利活用環境整備が急務です。
100歩下がって社長は2段階認証知らなかったとして、ファイナンスの会社なのだから当然仕様の協議の際には2段階認証の案があったはず。ファイナンスの会社でセキュリティより優先された決定事項があり却下された、ということなんでしょうが、それが何だったのか興味深い。
ビジネスのデジタル化は進んでも経営者のデジタルリタラシーはついてこないという状況は、セブンペイ以外でもよくある話では。デジタルネイティブ世代が経営トップに就かなければ勝算は厳しそう。
SIer任せの多重下請け構造の弊害が露呈した事件。正直、セブンペイだけの問題じゃなく多くの伝統的な大企業が同じ状況。けど、この問題の指摘は今に始まったことじゃないのに、10数年間に渡って放置されてるんだろう??
株式会社セブン銀行(セブンぎんこう、英称:Seven Bank, Ltd.)は、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の日本の銀行。コンビニATM事業最大手である。旧商号は株式会社アイワイバンク銀行。 ウィキペディア
時価総額
3,290 億円

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.23 兆円

業績