新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
消費の増減に寄与した主な品目を見ると、宿泊料や航空運賃、有料道路料、外食等が大きくプラス寄与してますから、やはり10連休の一時的な要因と考えたほうがいいでしょう。
また、家庭用耐久財もかなりプラスに寄与してますから、消費増税前の駆け込み需要も押し上げに効いているようです。
ということは、逆に10月の消費増税後の個人消費はかなり悲惨なことになりそうです。
経済指標は振れるので、一喜一憂しない事が肝心です。特に、今回は10連休の影響が含まれていますので、要注意です。
5月はともかく、6カ月連続で増加、ここ数カ月の消費者物価も前年比で上がり気味なので、名目消費額は更に大きいか。駆け込み需要にはちょっと早いような気がするが、それなりに影響しているだろう。それほど驚く数字でもないのでしょう。
家計調査は私が一番信頼している経済関係の政府調査の一つです。その調査で実質消費支出が増えたという結果は、日本の景気が良くなっていると判断するのにつなげてよいと思います。個人的にアベノミクスは好きではありませんけど、景気回復は素直に喜ぶことにします。まぁあれほど金融・財政政策で景気刺激をすれば、少しは効果があって当然ですよね。
変動調整値で前年同月比実質4.0%の増加、名目では4.9%の増加となりました。
https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html
詳細はこちら
https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_mr.pdf
消費より収入の方を見るべきでしょう。