新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
友人家族同士で集まり、アメリカ人であること、アメリカに来れたことに思いを馳せ、花火をみる日。その日に、軍事パレード、「Salute to Amerika」では、トランピアンは喜ぶと思いますが、非トランピアンに「政治的」と言われてもおかしくない。
明らかな政治利用。ただ、政治利用されていない大統領のイベントはほとんどなく、今後は独立記念日はこんな様子になっていくのかもしれません。
アメリカは、アメリカ人が「作った」国です。それを支えるストーリーは、強く、複雑で、美しく、醜悪で、そして脆い。常に語り直されなければ、アメリカはアメリカでいられません。

独立記念日は、それぞれのアメリカ人が、それぞれのストーリーを語り直す機会です。昔も今も、それは変わらないと思います。
独立記念日の盛大な花火が、ロケット弾を連想させる。この日に、軍事パレードをやるのは、独裁軍事国家の支配者の発想。センスがないなー。
このオッさんはペイトリオットではなくただの白人至上主義のナショナリスト。
逆に今まで大統領が演説していなかったことが不思議でした
July 4thのお決まりの歌
https://youtu.be/0UsGEyz_2rE