新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アプリにチャージしてコンビニ決済しないといけない、という制約があり、一件あたりのチャージ額上限もあるようなので、インターネットバンキングの不正と違って、一件あたりの被害額が比較的少額で、逮捕リスクも高い。

学生や留学生などがアルバイト名目で集められてやらされている可能性がある。

この件がそうかどうかはわからないが、結局、こういう事件は、いわば「出し子」のような末端だけが摘発されて、その先に手が届かないことも多い。
そして、捕まった人たちと話すと、確かに犯罪行為に飛びついた点で軽率だと言えるかもしれないが(人によっては犯罪ではないと騙されていることもある)、ある意味彼らも犯罪組織に食い物にされた被害者だと感じることが多い。

本件はどういう流れで彼らが(もし本当にやっていたとすると)この件に関わるようになったのかを調べ、彼らを操り、あるいは彼らに情報を流した先を解明し、なぜ、これほどスピーディーに脆弱性を攻撃されるに至ったのか、その経緯を明らかにしてほしい。
7Payで不正を働いた中国籍の男を逮捕。犯人は7Payを使わなければ不正ができないので、必ずセブンイレブンに現れる。そこを押さえた。

中国ではAlipayやWeChat Payが使われていますが、それを土台にしていたのかもしれませんね。

7Payはセブンイレブンでしか使えない、ということを犯人は知っていたのでしょうか。お粗末な、顛末となりました。
やはり中国籍を強調している。
背後の組織には誰がいるか、それこそ問題ではないか。
もし東京の学生がそれをやったら、その東京出身を強調するだろうか。
ローンチして直ぐに組織的犯罪に狙われるって…

私は、セブンイレブン関係のアプリをインストールしていませんが、そもそもセキュリティの脆弱性が犯罪組織に狙われているレベルだったということでしょうか?

一般的に、クレジットカードは使えば使うほど、不正利用に合う確率が高くなります。使っていないクレジットカードが不正利用される確率は極めて低いです。
ローンチ前から何かしらの脆弱性が犯罪組織に知られていたとしたら、かなりお粗末です。

ということは、昨日の記者会見の時には、既に犯罪組織に利用されていたことが分かっていたということ?
だとしたら、それなりのITリテラシーが高い人が同席して、もう少しまともなやり取りをして欲しかったです。
コンビニでそんな高額の買い物して目立たないはずがない。しかも7payで。
派手にやり過ぎて、サービス凍結されそうな勢いになってしまったから慌てて換金しようとしてるんですかね…
リリース前から、この穴を狙っていたのか…
オフショア開発の問題なのか…
この行方がとても気になります。
中国籍の男性2人逮捕とのことですが、被害総額から考えると、まだまだ余罪があるのか、他にも同様の犯人グループがあるのか。引き続き注視したい。
7payにチャージしたら現金は引き出せないしセブンイレブンで使うしかない。皮肉ですが、ある意味セキュリティが強固というか(笑)

流石にコンビニで何十万も使えば怪しまれるので、実行犯のレベルは低いですね。まあ、黒幕を逮捕するのは難しいでしょうけど。
とりあえず早く通報して、システム設計の不備から世間の目を逸らさせないと。
原因はどこにあり、それは既に対策されたのか?それが全くわからない記事なので、コメントしようがありません。

それがわからないと、システムの問題だったのか?それとも、他でも同じようなリスクがあるのかもわかりません。

もし、システムの問題だとしたら、なぜ、これだけ世界でデジタルペイが使われている時代に、どうして今回のような問題が発生したのか?

その部分が一番大事ではないでしょうか?
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.78 兆円

業績