新着Pick
448Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
KPIがダメなのではなくて、KPIを達成するためだけの仕事をするのがよくない、ということです。
そして様々な事例から学ぶことは大事ですが、盲目的にその”手法”だけを導入するのもまた違うと思います。考えることや知ることを放棄せざる、その会社や組織に必要な、文化や哲学に沿ったことを実施していかないと、「こんなに色々やったのに、結局なにもよくなってない」という悲しいコメントをする人を増やすだけになってしまいます。
ティール組織やOKRが話題になりやすいですが、大前提は、理念・ゴールの共感・共有、そして各メンバーが徹底した成果主義を自身で追求し実現できるプロフェッショナルであること。好況下では理想論が先行しますが、足腰の強い組織をつくつていかねばです。
KPIを設定しないという背景は、1番大切な「サイボウズが好き」と想ってくれる感情はKPI化できないということですね。それはその通りだと思うのですが、成果を可視化するとマネジメントが凄く楽になるので、”楽さを取って本質を見失うようなことはしない”というマネージャーの意気込みを感じます。

最近様々な会社でチャットが浸透してきていますが、やはりご年配を中心とした一部の人にはまだまだメールとの違いが理解されていないのが現状で、それが社内浸透率の障壁になっています。記事にも書いてある通り、1番の違いは過去のやり取りが一目瞭然ということですね。極端な話、プロジェクトの新メンバーには「チャットのチームに入れておいたから、過去のやり取りをざっと見ておいて」と伝えれば、それで済んでしまうのがチャットのメリットです。これを理解しないで、まるでメールの様にチャットを使われてしまうと、あとから見て話しの流れがわかりにくくなることがあるので、注意が必要です。
藤村編集長の「拡大する代わりに抜け落ちるものが出てくる」というお言葉が印象的でした。この「抜け落ちるもの」って、結局永遠に気付かないままになることが多い気がします。
「これだけは絶対に読者に伝えたい」という気持ちを持ち続けることが何よりのKPIなのかと思います。
サイボウズのオウンドメディア「サイボウズ式」で編集長を務める藤村能光さんのお話。
組織にとって何が正しいというよりも、色々なチャレンジをしていくことが大事なのだなと感じます。
サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
時価総額
651 億円

業績