新着Pick

「服すらアマゾンで買う人」が激増する根本理由

東洋経済オンライン
日本では「アパレル不況」が叫ばれて久しい。大手アパレルの店舗・ブランド削減、百貨店アパレルの苦戦など、ネガティブなニュースが相次いでいる。現在アパレル業界に関わっている人、アパレル業界を目指す人にと…
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
多くの人が感じているように、アマゾンはプライム会員になると便利さを実感します。注文した翌日には送料無料で商品が届くので、私も、買いたいものが決まっていて、サイズや色合いなど、実物を確認する必要がないものは、どんどんアマゾンで買いつつあります。
一方、服や靴など、サイズや質感などを確かめたいものはまだまだハードルが高いと思っていましたが、送られてきたものを無料で試着できる、あらかじめサイズが登録されていて季節に合わせてコーディネイトしてくれる、といったサービスであれば、百貨店やアパレル専門店に行くよりも便利かもしれません。
「クラウド+データ活用+サブスクリプション」という、どの業態でも拡大しつつあるビジネスモデルが、アパレル業界をも席巻しつつあるということでしょう。
これは確かにそうですね。自分自身の購買行動を振り返っても、アパレルだからという特別意識は確実になくなりましたね。ということです、狙い通り本も買いましたw
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
92.3 兆円

業績