新着Pick
885Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「アーティストの仕事は、作品を届ける一点に尽きます。アトリエで作品が完成することが完結ではないんです。
作品自体にはなんの価値もありません。つまり良い作品という概念は存在しなく、その周りにある環境をどれだけ多く巻き込めるかなんです。
アンディ・ウォーホルやKAWSを見ても、文化の中心的存在となるために時間と情熱を全て注ぐ。」
素晴らしい。
ファッションやビジネスで言えばブランディング。
アーティストも、広告こそ打たないが、アーティストその人自身含めて価値となる。
アートのマーケットというのは欧米の社交の場、サロンであったりクラブが起源であり、今もそれがそのまま続いています。アートはスーパーマーケットやアマゾンで売ることを前提につくられる商品ではありません。あくまで社交の場で鑑賞され、話題になるために値段がついて取引されます。
 日本でいえば、茶の湯の場でつかわれる道具が高価で取引され、湯飲み茶碗にトンデモナイ値段がつくようなものです。和歌の教養であったり、香木であったり、十二単や小袖に実用性以上の価格がついたのも、社交の場の道具だからであり、そういう社交の場で高く評価されることが当事者には非常に重要なことであったからです。小学生にトレーディングカードや女子高生に携帯のストラップがひどく価値を持ったりするのと同様です。
 アートが社交の場で「あの人は粋である」「教養がある」「趣味の洗練された人である」という評価を得るための道具である以上、売り込むことを考えるなら、そういう人間の用に立つプランを考えなければなりません。演出の戦略次第では、非常に斬新であるという評価と話題を得ることもできます。
 もちろん、アートにそういう価値と価格を見出すのは一つの価値のあり方であり、それとは別の価値基準でアートを愛好する人もいます。
読み応えのある記事。「僕らはどんなに素晴らしい作品を作ったとしても、寡黙な職人ではダメなんです。世界で戦うためには、発信力がなければ通用しません。」これはアートを生業とする人だけではなく、程度の差はあれ誰もに通じる。

日曜の朝から、素敵な読み物をありがとうございました。
後ほど、再度読み直したいと思います。
独学でアートを学び、NYのストリートで、バンクシーやKAWSと鎬を削りながら、今では、ビルゲイツのコレクションやメトロポリタン美術館などの永久収蔵品となっている松山さんのインタビューです。

芸術家であっても「寡黙な職人」であってはいけないという松山さんの語り口は、ベンチャー起業家のようでもあり、白人至上主義のNYアートシーンで勝ち残ってきた姿勢が伝わってきます。

今後、世界はもちろんですが、日本の市場も席巻する予感がします。楽しみです。
芸術家が日本で食えずに、米国で食っていけるのは、米国には桁外れの大金持ちがたくさんいるからじゃないでしょうか?

日本は、世界で唯一成功した「社会主義国」と言われるように、大金持ちであり続けることが難しい国です(所得税、相続税、固定資産税等々で、名門が続きません)。

芸術品に惜しみなくお金をかけられなければ、芸術は発展しません。

昔の音楽家や画家が、資金力のあるパトロンに養われていたのも同じです。
作品の色使いの多彩さが、画面を通じても楽しめる作品たちです。場所や時代、異なるカルチャーの調和や融合となるよう編集を重ねているとのこと。個展に行きたくなりました。

インスタでセレブから問い合わせが来る。
コラボの機会

などは今時。NY拠点ながら日本での盛り上がりの兆しと若返りに期待を感じるインタビュー。
「世界で戦うためには、発信力がなければ通用しません。」

これに尽きると思います。日本流をそのまま輸入するだけではなく、NY・米国・世界のマーケットでは何が面白いと思ってもらえるか、環境を含めて総合的に把握した上で発信する。NYの音楽シーンもそうですが、この積極的な発信力があるかどうかで確実に見る景色は変わります。アトリエや練習室にこもって職人作業するだけでは認めてもらえない時代ですね。

それにしてもとても興味深い読み物でかなりモチベーションが上がりました!私も頑張ろうと素直に思わせられる記事でした。
日本は技術には自信をもっていますが文化は欧米への憧れが強く、自国の文化にはずっと自信を喪失していると思います。
日本の文化が世界に影響を与えていることは、自国への自信と誇りを見つめ直すきっかけになると思います。
世界で活躍する文化人、スポーツ選手が増えると、日本も技術頼みになっている部分が変わってくるのではないかと思います。
日本の文化が世界にも影響を与えいることに関して、もっと日本国内でも発信して欲しいです。
松山さんがアートで実践されている「編集思考」は、今後、ビジネスでこそ強く求められるように思います。時代、世代、文化、価値観、業界、専門、国、性別などを超えて、どう新しい形を創造できるか。日本は編集するネタの宝庫です。
きわめて論理的にご自分を説明されているところに感心します。

「日本のアート市場規模が小さいと言われる原因の一つには、マーケットの構造が挙げられるでしょう。そもそもアートを買ったり、所有したりする文化自体があまり浸透していないがゆえに、ギャラリーではバブル期以降、作品があまり売れないんです」

法人買いも大事ですが、個人個人の民度の集積も問われているのだと思います。
外国の家と違い日本の家には絵画や彫刻を飾るという習慣が希薄です。床の間に掛け軸があったりするなど家屋の構造もあるが、アートに親しむ心があれば絵画ひとつ置くだけで玄関も殺風景ではないウエルカムの雰囲気が出るはずです。そこの家の主人の文化度がわかります。