新着Pick
328Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
4G以前の時代と違い「カバーエリアの広さ」がキャリア単位で競争優位性ならない時代になったという側面もあるでしょう。

今回のリリースにあるように、早期展開を目的とした提携(役割分担)という意味合いではすごくいいことですし、コストダウンももちろん効果があるでしょう。

一方で、これがあまりに進むのであれば、災害時や障害時のネットワークの冗長性が失われる側面もあり、全社が相乗りしすぎるのもインフラ上のリスクにもつながりやすくなる。
だから、まだ参加していないドコモ=ダメなのではなく、各キャリアが適度に役割分担しつつ、早期展開を行い、ついでにコストダウン。そして充実期には改めて各社が投資してネットワークを強くしていくくらいの流れが丁度良いと考えています。

今後、あまりにこの流れが強くなるならば、今のキャリアという形ではなくタワー事業者含めた設備とサービスの分離などを本格的に検討するフェーズに入ってきているようにも思う。
素晴らしい快挙‼️
インフラ整備で国内で戦う(というより重複投資) べきではないのは光ファイバー網の整備の時代から言われてきたことで、基地局資産の共有化は欧州などで一部行われてきた、ある意味 "悲願" の取り組みとも言えるでしょう。(特にソフトバンクにとっては)
投資が大きいため緩やかな立ち上がりと言われている5Gを、インフラ整備で加速する流れが作れるこの英断にエールを送りたいです。
5Gという新技術を普及させるには、コストダウンが論点となるフェーズに突入していますね。ソフトバンクとKDDIによる基地局の相互利用は、コストダウンを図る上で効果的でしょう。その他、政府は信号機の利用も推進していますし、早く日本に5Gのインフラが整備されると嬉しいですね。
5Gで戦うべき相手は国内ではなくグローバル。
インフラをいち早く普及させて、その上に乗ってくるであろう様々な最先端技術や市場から乗り遅れないでほしいです
ADSL全盛期、日本は世界で最も速く、最も安い価格で各社競い合っていました。エンドユーザーがその環境を手に入れたことでECをはじめとして様々なサービスが産まれました。
Amazonが急な成長カーブを描いたのもこの頃からだと思います。

基地局資産のみに限らず、進めていきたいですね。
世界で一番早く5Gインフラを作り上げ、そのフィールドを使い倒し成功モデルせ世界へ。
差別化できない領域に経営資源を投下せず、手を組む。
大賛成です。
早期整備のために競合同士が手を組むという素晴らしい合意。特に5Gの場合は周波数も高くなり、都市部での基地局の数も増やさなくてはいけない。現実問題、場所の取り合いになるくらいなら手を組んだほうが消費者にとっても事業者にとってもメリットが大きい。

国が料金について介入することが増えてきたが、本当に競争を促進したいのであればタワー部分を分離を進め、真の意味での水平分業を進めるのはどうだろう。タワー事業者には災害時に備えた対応を義務付けることでさらにインフラも強固になるだろう。
KDDIは楽天とも昨年11月に提携(ただあくまで楽天がKDDIをローミングで利用できるという形で、楽天が都市部で進めるであろう設備は相互利用にはならない?)。
ドコモがどうするか分からないが、今のところはドコモ以外は連携を進めている状況。
https://newspicks.com/news/3648846
これはコストダウンにつながるのでしょうが、利用料が下がるかは疑問です。
3社で競争していたのが2社になれば談合をしやすくなります。
私は早期整備を隠れ蓑に、値段を高めに安定させる話だと思います。
距離が飛ばない5G。数をローコストで展開するためには相乗りはユーザーからしたら、是非お願いしたいところ。
よくは分かりませんがソフトでどうにでもなるんじゃないでしょうか。
期待したい。
ソフトバンクとKDDIが、地方の5G基地局を共同で整備することになったとのこと。

リリースはこちらにあります
「ソフトバンクとKDDI、基地局資産の相互利用により地方における5Gネットワークの早期整備で協争」
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20190703_01/
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 ウィキペディア
時価総額
6.98 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.69 兆円

業績