新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テスラの4-6月期、生産は約87千台(うちモデル3が72.5千台)、納車は95千台(同77.5千台)ということで、輸出ドライブを始めた1-3月期は納車が進まない状況になりましたが、今期はそれが平準化し始めたようです。ただ、総生産台数自体は10-12月期を少し上回ったレベルだと思います(モデル3の生産は増えていますが、その分その他が減っています)。
 とりあえず開示内容がシンプルになったところが前回との違い。担当者が変わったのか、コンプラが効いているのか、大人になりつつあるという印象です。
https://ir.tesla.com/news-releases/news-release-details/tesla-q2-2019-vehicle-production-deliveries
バックオーダーをお金に換えて、次のステージに行ってもらいたいものです。ちゃんと作れないと言うのが市場の懸念でしたから。

スポーティで速いピュアEV。このジャンルで先鞭をつけたのがテスラです。マスクさんの次の一手が楽しみですね。
300ドル弱で投資してしまったからまだかなりマイナスだけど、テスラの株価は最終的にゼロか天まで吹き上がるかの丁半ばくちだと思っているから、イーロン・マスク師匠のことを信じてついていくのみ
連邦補助金が再度削減される前の駆け込み需要を捉えて四半期末に納入ドライブをかけたようです。ただ毎四半期これをやり続ける訳?大変ですね

Teslaは全米23州で直販しています。これ以外の州でも購入や所有が禁止されている訳ではなく、また州境に検問がある訳でもないので本当に欲しければネットで注文して近隣州に受け取りに行くことは可能です。Teslaは中西部の多くの州に出店すらしていませんが、それは出せないというより出しても十分な需要がないからだと思われます。ここら辺は大型SUVやピックアップの世界ですから。
サンフランシスコに行くと1日に何台見るかわからないテスラですが(ちなみにSFでのプリウスの数は半端じゃないですね)、先月テキサスでの1ヶ月滞在中は3台しか見ませんでした。NYでもちらほら程度。

西海岸からじわじわと増えているのでしょう。ニューヨークは車に乗る環境ではないというのもあって、周りではあまり増えている実感がありませんが、たまにハンドルを持ってないドライバーを目撃すると、ワクワクします。
1Q決算時は納車台数は6.3万台、2Qは9-10万台になると会社側はいっていた(①)。その意味では、全モデルで9.5万台というのはそのレンジの真ん中だし、前四半期に海外輸送分が中心に生産約7.7万台・納車6.3万台と1.4万台のギャップがあったことを踏まえると、フローの生産と納車の時間差が定常状態に入ったと考えれば、これくらいの数値になっていくと思う。
既に6月上旬に北米の販売台数が好調ということは出ていて株価が200ドル取り戻している(②)。数字の積み上げをしていくと出てくる結論に対してこれだけ株価が反応するのも不思議なところ…
https://newspicks.com/news/3850385/body/
https://newspicks.com/news/3956091
彼の資産構成をみればわかるように、彼の心は既にTeslaからSpaceXに移りつつあるので、Teslaの今後は微妙ですね。

そもそも、Elonは、Teslaをサスティナブルな企業にしようという意図は最初からないですからね。
テスラ全ての数字が良かったですね!海外での納品のロジも改善されて、言われていた需要減も傾向はみられず。色んな問題が解決されてきているのを感じます
最近、LAの高速でTeslaめちゃくちゃ増殖してます。すごい勢い。
とにかく購入して乗ってみて下さい。
良いところも、悪いところもわかります。