新着Pick
709Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TOEICに照準合わせて学んでいた人には、影響大ですね。試験ごとに出題方法や傾向が異なるため、戦略転換を迫られる。

そもそもTOEICはビジネス英語で大学受験に合うのかという話と、TOEICはListeningとReading、WritingとSpeakingで別々のテストを課しますので最初から運営が煩雑になることは予想されていたのではと。
もし日本の英語教育(大学までを含む)を米国に合わせるのならTOEFLにするべきでしょう。英国に合わせるならIELTSがいいです。TOEICは日本企業しか参照しないもので、日本の外では知っている人もいないので、諸外国に合わせたいのであれば、無用のものでしょう。英検も同じ理由で無用です。今の日本の英語教育からいえばベネッセのGTECが受けやすいでしょうが、これも国内限定のものです。
 日本の英語教育が目指すべき英語についてはさんざん議論が重ねられてきて、4技能とかいろいろなポイントが挙げられてきました。議論百出なのですが、結局のところ、世界中の大学や外交で通用するようにしたいなら、世界中で教育されている英国式か米国式をそのまま導入するしかないです。
 しかし、日本国内の英語業界が自分たちのつくったTOEICに執着したり、ベネッセが巨大利権を狙ってGTECを売り込んだりするから、混乱を招いているのが現状ですね。
 英国式にIELTSにするか米国式にTOEFLにするのが、日本の利権にはなりませんが、世界的な基準に最も適合します。
将来の留学や国際的な汎用性を考えると、TOEFLかIELTSになると思います。コスパとかはわからないけれど。
TOEICはビジネス英語ですし。
移行期に振り回されてしまう学生さんが気の毒ですね。対策をしていたとしたら、無駄な投資をしていたことになるのは、時間だけでなくコスト的にも痛いですよね。

コメントにも書かれておりますが、大学留学なども踏まえるのであれば、TOEFULかIELTSにすべきですよね。テスト対策というものが必要なのだという前提で考えると、そもそもがあまり実用性ということではないので、より汎用的に受け入れられるものにすることが、生徒への便益だと思います
最大のTOEICの撤退は、共通テストのあり方に大きな波紋を投げかけるかもしれません。

そもそも、「共通テスト」の存在意義などないと思います。

各大学が、是非とも育てたい資質を持った受験生を選抜するための独自試験を考えればいいのであって、金太郎飴のような「共通テスト」は不要です。

その上、民間試験に乗っかるというのは、穿った見方をすれば、大学側が入試問題を作りたくない(作れない?)というだけのこと。

独自の入試問題を作れない大学は、存在意義がないので即刻廃校にすべきです。

以前、予備校に入試問題作成を依頼するという話がありましたが、「共通テスト」も民間試験もそれと同根。

若者を育てる意欲も能力もない大学に補助金をつぎ込むのは税金の無駄遣いと、若者の貴重な時間の無駄遣いです。
これは現在の高校生にとっては青天の霹靂くらいのインパクトあるのでは無いあかな。。。。
またTOEIC側にとっても、このタイミング降りることのインパクトを考えると苦渋の決断だったはず。。
もう少し採用時にきちんとした議論や運用も含めて議論すべきだったのでは無いか。。
これだけしっかりと時間を使って学んだとしても、その内容をアウトプットする場の多くが海外旅行に偏っている事が問題の本質だと思います。
!!びっくり。
受験生にとっては影響もありますね。

個人的には先日も公文の先生に英語をしっかり勉強するように言われていたところ。
この変更を見越して英語教育にお金をかけている親御さんも少なくないのではないでしょうか。(我が家はそうではないので、そろそろやばいのかなと焦っていたところでした。汗)

下記記事には今回の判断に至った経緯が書かれていました。当初の想定より運営、実施に高いハードルがあることが分かってきたのですね。
https://ict-enews.net/2019/07/02iibc/

とりあえずテクノロジーが解決してくれることに期待しています。
学生の皆様へ
TOEICの勉強で学んだ単語や読解スキルは人生において無駄にならないと思います。実際、私もまだ日々英単語を学び続けています。

受験産業の方々が「振り回された!」と囃し立てようが何だろうが、学んだことは全てあなたの蓄積になっているので、一ミリも無駄はありません。
私はフィリピンのセブ島で英会話学校を経営していますが、日本人以外の生徒さんはみんなIELTSです。
TOEICはビジネスにフォーカスを当てているので、大学入試には相性が良くないと思います。
大学入学共通テスト撤退は受験生にとって関係ない話です。
私は世界を見据えてIELTSをやるべきだと強く思います。