新着Pick
30Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国株は主要3指数揃って続伸。こちらが立てばあちらは立たずと懸念が出てくるという意味では、これまでの反発局面のように勢い任せというわけにはいかない相場つき。しかしながら、根本的な懸念が払拭されずとも、先行き不透明感が薄れたことは好感される材料として残ると考えて良いのではないかと思います。
ダウ+0.44%、S&P500+076%、NASDAQ+1.06%。
見出しの通り、上値が重い…一応一日中プラスは保ったが、ダウは安値では金曜日比で+15ドルほどに過ぎなかった。G20後の会談含めて、モメンタムは緩和方向といっても、株価はすでにそれを織り込んで第4弾関税やHuawei禁輸がなかったGW前の水準を超えているので、当たり前といえば当たり前かもしれないが…ISMは記事の通り2年半ぶりの低水準、ただ予想51.0に対して51.7と予想は上回った(前科52.1)。10年債利回りは+0.02ptの2.02%、ドル円は108.3円とほぼ変わらず。日経平均先物は100円ほど下落。
業種別にはテック+1.45%、金融+1.14%、消費財+0.87%などがプラス、マイナスは公益ー0.31%、不動産ー0.29%の2業種のみ。
個別では米中会談を受けて半導体などが強く、Skyworks +6.05%、Microchip +5.46%、Cadence +4.41%、Micron +4.17%、Broadcom +3.97%など。マイナスでは化粧品のCoty -12.39%、あとBoeing -2.48%など。
NYダウは前日比+117.47ドルの26,717.43ドルで取引を終了しました。また、米中の貿易戦争に対する安堵感から半導体銘柄が上昇。S&P500は過去最高値を更新しました。
ドル円は108.40円台で推移しています。