新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょっと遅れたけど、これは西條 論説委員の記事、なかなかいいと思ったのでピックしておく。皆案の日常の活動にも大いに参考になるところがあるから。


結構、日本人には他所より多い傾向があるのかもしれない、よく世論調査なのでも見られることなのだが、Googleの最近のデータから見える「組織、社会の中での」日本人の心理、というか行動、というか感じ方。

Googleによると管理職向けの心得には;
1)部下と話すときは、知らぬ間に否定的な表情を浮かべていないか注意する。
2)チームメンバーから学ぼうという姿勢で質問する。
3)問題が起きても、相手を責めるような言い方はせず、どうすれば問題を解決できるかに焦点を当てるーー

こうした小さな取り組みを重ねることで職場の「心理的安全性」が高まり、そこから新しいアイデアやイノベーションが湧き出す。Google急成長の軌跡は心理的アプローチが組織の活性化に多大な効果を持つ証左といえる、というのだ。

確かに、日本の組織ではこういった心理的状況は生まれにくい。

「自分は幸福だ」と感じている人はそうでない人より仕事の生産性が31%高く創造性は3倍になると。「成功が幸福を招くのではない。幸福(だと感じること)が成功を生むのだ」と。

これはおおくの日本の組織、社会で仕事をしている人たちにとって、痛い指摘ではないのか?

ここで触れられているのに日立の研究者の開発した「幸福感計測技術」にも触れている。このプレゼン聞いたことある、これをどう社会に生かすのか、これが日立の課題だ、とすぐにピンと来たのだが。

大き時にはいくつかのいいヒントが引用されている。ぜひ読んでみて欲しいのでピックした。

皆さん、もっと明るく、前向きに、いろいろな工夫ができると思うのですけど。

「心の資本」、いい言葉ではないですか。