新着Pick
442Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東大柳川教授との対談が公開されました。どの国でも同じように、今の日本はあまりに多種多様な生活スタイルがあるので、一括りに「日本」を語れないと思っています。今回提示した「4層構造」はとても簡易にわかりやすく、この国の雇用問題、社会保障を整理できるものではないか?と思っています。

年功序列を崩すということは、年齢と年収が比例しないということです。ということは、これまでのように「年齢別の議論」が、物事の構造を正しく捕らえていないということ。
ではなにか? どう整理すればいいか? その一つはやはり「年収」と「住む場所」と思っています。

この4層構造が頭に入っていれば
「所得によって見えている世界が違うこと」が少しは整理しやすくなるのでないでしょうか。

柳川先生、NPの北野さん、佐藤さん、素晴らしい機会を頂きありがとうございます😊
示唆に富む記事。日本では階層が固定化されておらず、流動的だというのが救い。翻って考えれば、階層が下がることも可能性としてはある。それについては記事で言及されてなかったが、新しいテクノロジーが速いスピードで登場する社会で、いかに学び続け、いかに速く失敗できるかに依拠すると私は考えます。「成功」はすぐに陳腐化する故。
柳川先生が語られている、「適材適所が就職した会社にあるとは限らない」とのご指摘に納得です。長年同じ組織にいるとそこにしか、活躍の場がないように錯覚しますが、色々なコミュニティに顔ん出すと、意外な技能を生かして独立している人などに出会い、こんな道もあったのかと膝を打つことしばし、です。人生、その時どきに合う場所と形で働けるようにしたいものですね。
「終身雇用を維持できないというメッセージとともに、次にすべきことをセットで提示する必要がある」というのはその通りで、これは経産省の若手次官ペーパー『立ちすくむ国家、不安な個人』でも言われていたこと。

わかりやすいモデルがなくなってきているので、自分の現在地点を冷静に見つめて、変化に対応できる力を持つ、そういう機会があることが重要なのではないか。4層それぞれに問題意識は違うと思いますが、特に流動性の高い都心部の層にとっては切実。

そういう意味でも、自分の市場価値を自分で証明することが必要になってくると思っています。だからこそ「数カ月でも一年でもいい。もっと、お試しの働き方を増やすべき」という議論になるのでしょうね
65歳からの生き方が問われているのだと思います。

北野さんが指摘する四層も、そのいずれも65歳以降の働き方の見通しはありません。
65歳以降もやりがいある仕事を続けられる人と、そうでない人に、日本人は今後二極化することになります。

仕事を続けるためのキーワードとしてお二人も「副業兼業」や「ローカル」に言及されています。本業に加えて、次の時代に必要な仕事を最初は無償であっても手をつけておくことが必要です。また、地方は既に高齢化が進み、60代であっても十分若く、しかも手が足りませんから多様な仕事が存在しています。

いかに健康でありつづけ、そして新しいキャリアを開拓し続けられるか。これこそ、日本人がサバイブする方法なのだと思います。
是非見ていただきたい記事。年収・所在地で日本のセグメンテーションをしているが、世界でも考えられる議論だと思う。

ネット以前と以後では、世界が大きく変わったと思う。生活している地域の言語・文化は残る一方で、情報やツールは世界共通化しているものが増えてきている。
ネット以前は、どこの国で生まれたかが所得のドライバーとして大きかった。でも今は何ができて、それがどこの領域で差別化として効くのか。エンジニアはグローバルでの奪い合い(ビザ問題はあるが)。一方で、中国や日本などは、それに加えて市場規模が一定あるのでローカル言語での規模が大きく、良くも悪くも言語ができることで差別化がグローバルの中で出来る点もある(ガラパゴスともいえるが)。ローカルなことも、ほかの人にまねができないことは価値が残る。ただ全体として「日本に生まれたから」ということでの差別化要素・メリットが一気に減ってきている。
そのなかで、グローバル領域はそこでの需給がタイトになってきているから、日本でも米国でも、その層とそれ以外の所得格差が大きくなっている。それが隠れトランプ現象などの背景でもあると思う。
4層は世界の中ではかなり少ない方です。

日本の問題はあたかも1層だったのが4層になったという相対的な変化を感じるからで、絶対的な分断や格差はまだまだ低い。
今のEUの問題やアメリカの問題はもっと深刻です。
そういう意識で日本を眺めると日本のさまざまな問題の解決の糸口が見えると思います。
コンサルティングファームでは、会社を辞めることを「卒業」と表現していて、とてもポジティブに捉えられています。

“言われたからやる”“気に入られるためにやる”のではなく、
スキルや経験や仲間といった、アセットを積み上げることを意識して仕事をしていれば、おのずとどこへいっても必要とされる人材になると思います。
4層を表現した図はシンプルで分かりやすい。平均で語れない。
制度や供給(企業)側の仕組みが変われば人の動きも大きく変わる、そのために外部視点が必要とのこと。
考え方を柔軟にするには、認識を広げる必要があります。このため、リカレント教育や兼業・副業などは視野を広げるいい機会となります。

柔軟な発想の有無が、個人の生き方の価値を大きく左右する時代になったと思います。ありたい自分であるためには、社会の変化も踏まえた柔軟なキャリア観が重要です。
この連載について
「老後2000万円不足」問題の炎上により、老後資金はどのくらい必要なのか、年金は破綻しているのか、などの動揺が広がっている。新時代の社会保障改革は、「第三の道(リバランス)」に進むのか? 自己責任だけではカバーしきれない、社会保障の未来について豊富な図解を駆使して展開するとともに、現役寿命を延ばす戦略についても論じていく。