新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仮想通貨が通貨足り得ないと言われていた理由の一つとして、ボラティリティの大きさがあります。飲み物を買おうとした時に、円なら120円なのに、仮想通貨だと日によって、1だったり2だったりするので決済では使い物にならないという話ですね。

ステーブルコインは、価値の根拠を法定通貨や既存の金融資産に紐づけたトークンですから、ボラティリティは基本的には紐づけた資産と連動します。
これであれば、決済にも問題なく使えるというわけです。

Libraは複数の国の法定通貨や債権等をバスケットにするという所から、一国の幅を大きく超えた通貨に感じられる為、金融当局や様々な金融機関が驚異を感じ、大きな報道になっていますが、JPMやMUFGの試みは既存の金融システムを破壊するのではなく、非効率な部分を新しいテクノロジーを使って効率化しようという至極まっとうなアプローチです。

結果的にシステムの一部はリプレースされますが、国体を脅かすような話にはならないでしょう。

デジタル通貨の活用は、金融業にとって避けては通れないテクノロジーであり、この流れに抗うのは、インターネットが登場した時にFAXがあるからそんなものは必要ないと言うようなものだと思っています(笑)
近いうちに、グローバルなデジタル決済手段として、主要通貨に2〜3のステープルコインが立ち上がる可能性が高いと考えています。
その有力な発行主体が大手銀行でしょう。
日本でも、ステープルコインの発行の動きが加速することが期待されます。
国が発行する通貨以外に、第2、第3の通貨を主要銀行つくる動きになりそう。
ビッコインは発行体がない中で、どこまで信用される通貨になるのかが疑問。
銀行や投資機関というのはサロンビジネスなのでUU数を絞る事でサービスの付加価値を上げてビジネスするわけですが、仮想通貨というのはその対局にあるモデルです。どこまで細分化しても相反するので、GSは指をくわえて眺めるしかない。出来ることはせいぜいこうやってサロンビジネスの壁紙を変えてみせることだけです。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
8.48 兆円

業績

業績