新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
材料や動作原理の記述はありませんが、おそらく圧電素子を用いたものかと思います。日本でも京セラさんや慶応大発ベンチャーの㈱音力発電さんは、この圧電素子を用いて改札の床下や橋梁などで実証実験を行っていた事例が過去にあります。

それでも当該分野で実用化されないのは、当然ですが施工やメンテナンスなどのコストを長期的に見てもペイできないからかと思います。一般的な圧電素子は圧電セラミックスを用いてますので、機械的強度や脆性が良くありません。また、使用に伴う残留分極の低下により徐々に性能が劣化していきます。

また、圧電セラミックスの多くは酸化物であるため内部抵抗が高く、電位差を発生させるのには向いていますが、電力(電流)を取り出すのには向いていないという動作原理上の特徴もあります。これはセンシングに向いているが発電に向いていないことになるかと思います。

他の発電原理として、オムロンさんの開発でよく目にするエレクレット(静電誘導)や、昔からある電磁誘導、最近流行りつつある磁石材料の磁歪特性を利用したものが検討されています。

特に、この磁歪特性(外的磁界により歪みが誘導される性質)の大きな磁石材料は、ステンレスやニッケル板との複合クラッド板とすることで、様々な振動から大きな発電力を生み出すことが東北大学によって報告されています。この機械的強度や靱性、発電効率の優れる発電機構では、上記課題の解決が期待されてます。ただし、国内外でも実証レベルに至ってないのが現状かと思います。

■東北大と東北特殊鋼、クラッド鋼板開発 様々な振動から発電する新素材
https://newspicks.com/news/2831291

当該テーマに少し関わっている私としては、このような実装事例やクラウドファンディングを通して議論が広がり、実用化に向けた研究課題がどんどん上がってくれると嬉しい限りですね。
かなり昔に、渋谷のスクランブル交差点に同様の技術を埋め込めばいいのでは?と話をしていたのを思いだしました。専門家の皆様のご意見通りなのでしょうが、クラウドファンディングの結果からみても期待値は高く、単なる期待に終わらないように(そしてその先の失望につながらないように)様々支援機関の登場も必要なのではないでしょうか。

Smart Cityは全世界で盛り上がりをみせているので、その流れに乗って次のスタンダードになるよう、関係者の今後の取り組み方が問われますね。個人的にはとても楽しみです!
じっとしてれば一番エネルギーを節約できる

そんなに発電したければ自転車でダイナモを回した方がいい(スポーツクラブにでも導入する)
トイレのリモコンは押す力で発電してるよね

TOTOエコリモコン
https://jp.toto.com/greenchallenge/technology/washlet02.htm
日本ではJR東京駅で2006年に下記のような実験が行われていました。その後続報を聞かないところをみると芳しくなかったのだな、と思っていたのですが10年以上経ったいま、技術的にどう大きく発展したのでしょうか。

「床発電システム」の実証実験について - JR東日本
https://www.jreast.co.jp/development/theme/pdf/yukahatsuden.pdf
大きく変形するような機構だと、歩行に必要なエネルギーを奪われて損な気分。ATP返して?
元気な時はこの板の上を歩きますが、疲れてたらこの発電パネルを避けて歩きます、多分。
大場さんもご指摘の通りスポーツジムならみんな動きに来てるのだから相性いいかもしれません。
これは流行りそうだな。電力量というよりは、人々の心や意識をポジティブに変えるのに応用できそう。アプリ連携して上を歩いたので、どれだけのエネルギーが作られたか?が即表示されすフィードバックループがあれば、毎日の通勤への意識が変わるだろう。行動経済学の分野ですね。

業績