新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業再生ADR手続きは、民事再生法や会社更生法などの法的整理とは異なる私的整理スキームのひとつ。一般にいう「倒産」には含まれません。裁判所が介在することなく、主に大口債権者である金融機関のみ(一般の取引先には直接の影響はなく手続き外)が話し合いで、当該企業の再建計画策定を決める手続きです。

今回のケースでは2期連続の債務超過が避けられない状況に追い込まれた中で、上場を維持しつつ、大口債権者の協力を最大限引き出そうとする狙い(スポンサー支援の可能性も含め)があるのでしょう。

ただ、事業再生ADRが不成立に終わると、手続き上、法的整理に移行するルールがあります。このため、9月の第3回債権者会議までに大口債権者全員の賛成を得て(過半数ではなく、全員の賛成が必要!)ADRが成立するかどうか注視する必要があります
事業再生ADR、久しぶりに聞いた気がします。
事業再生計画案に対して全債権者の合意がないと法的整理に移行しますが、果たして債権者との調整がつくのか。
アメリカ小売業の急速な崩壊を見ても思いますが、ネット化が遅れると急に業績が傾きます。
文教堂の店舗、どんどん締めていくんだなぁと感じていましたが、果たしてどうなるのか。
大日本印刷が増資に応じるか、他に救済者が現れるのか、債務整理の上新たなビジネスモデルも模索して自力再建できるのか、要ウォッチです。
文教堂よ、お前もか…と、悲しい気持ちになります。

もっとも、私的整理なので、債権者の多くの同意が得られれば存続は可能です。
しかし、個々まで追い詰められていたことが、ショックです。
最終的に上場を維持したまま再生が成功した事例はまだ数が少ない事業再生ADR。
本屋という事業体でやり切れるのか?
経営陣の覚悟が問われます。

追記
スポンサーに入るとしたら、CCCではなくゲオではないでしょうか?
http://www.gotsu.co.jp/logi-yamada/news/05/0411.html
工夫をしてないからなあ既存書店の多くは
最近では、曙ブレーキ工業も事業再生ADR。
そうすんなりとは行かないですね。

https://newspicks.com/news/3662713

https://newspicks.com/news/3809164

https://newspicks.com/news/3966776
長年にわたる経営の不在が招いたこと。
外部環境しか原因として分析出来ていない記事ですね。
デジタルの流れだけにとらわれずに、俯瞰した顧客体験を再定義する必要がある。書店として集客力があるという強みは、メディアとしての小売へのシフトの可能性を強く秘めてる。
あれれ.京王線沿線に多い書店.時間があるときにフラッと立ち寄るが,立ち寄るだけでなく買ってあげないと.
株式会社文教堂グループホールディングス(ぶんきょうどうグループホールディングス、Bunkyodo Group Holdings Co., Ltd.)は、書店等を経営する日本の小売業である文教堂グループの持株会社。旧・株式会社文教堂が、2008年(平成20年)に持株会社となった際に商号変更したもの。 ウィキペディア
時価総額
27.4 億円

業績