新着Pick
2390Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
言いたい事は単刀直入にハッキリと。

演繹法的アプローチよりも、帰納法的アプローチの方が良い。
投資銀行の時は大量の提案資料を作成していましたが、スライドのタイトルを見れば、当該ページのメッセージは何かわかるように意識していました。
スライド内容によっては市場環境や法規制などの詳細を記載するページもありましたが、1センテンス1メッセージにして、文書を短くシンプルにするよう心掛けていました。ビジネスメールなどでもわかりやすい文書は同様かと思います。

現在は、決算説明資料作成の時に意識しています。
プレゼン資料は、みんな読まない、と思った方がいいです。
パッとメッセージが目に入ってくるのがいいプレゼン資料だと思います。
私だったら、ですが

テーブル(表)は紙に印刷したものをじっくり比較検討して理解するのには向いていますが、プレゼンの場など直感的に理解させるのには向いていないのでどうにかグラフにすることを試みます。
役所にこのプレゼンに来てほしい笑

目的が異なるとか、減点の評価の世界とかも分かるんですけどね。

どっちも分かった上で加減を調整出来ればいいんでしょうけど、説明資料ばかり求められるとなんだかなぁと思ってしまいます。
情報の量自体が多かったら誰かが削るってことですよね。時間かけてでもしっかり見たほうがいいし、それができなくて誰かに削らせるなら削れる判断をする人にその仕事を任せて自分はもっと長い視点とか別のことを考えるのに時間使ったほうがいいと思います。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.9 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.78 兆円

業績