新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個別の首脳会談に注目が集まり、G20自体への期待感がかなり低いですが、ひねくれた見方をすれば、期待感を上回るためのハードルが低いともいえます。大阪の魅力を伝えるだけでも価値はありますし、関係者のみなさんの努力が報われると良いですね。
予定通り消費税上げても、経済が安定するまで軽減税率を全品目に適用するとかやれば、増税の影響を回避できると思います。
G20大阪サミット冒頭の、デジタル経済のルール作りに向けた「大阪トラック」の開始宣言は、日米中欧を中心に国際協調を図りたい演出としてはよかった。日本が出遅れていた分、米中欧それぞれの立場に対し(良く言えば)中立的に振る舞える妙な「アドバンテージ」を、今回のG20会合では生かせそうだ。
米中、米ロ、日米と個別会談も注目会談が目白押しですが、今回のG20は、本体会議もとても重要です。それは、既存の国際秩序(いわゆるliberal international order)がもはや当然のものではなくなり、「力の政治」(パワーポリティクス)が時代の潮流となりつつある中で、次世代の5G覇権の中心となる「データ」についてのルール作りを国際社会で主導するという意味があるからです。データを国家による個人の監視手段に使おうという中国的データ・コントロールではなく、個人も安心してデータを差し出せる仕組みづくりということかと。また、自由貿易についても、文言の工夫は要りますが、米中とも乗れる何等かの原則を書き込むなど、後退の一途にある国際秩序に一定の新たな息吹を与えられるか、日本の果たす役割は大きい。