新着Pick
298Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どういう人に1,000万円を払いたいですか」という質問を視聴者の方から受けました。「1000万円を超える仕事は決断」というのが私の答えです。

それ以上に、もっと議論したかったのは、「どうすれば年収1000万円の世界にいけるのか」についてです。なぜなら、少子高齢化が進む日本において、年収1000万円の人材が増えることは、個人にとっても社会にとってもプラスだからです。

どんな人に1000万円を出したいか、どうすれば1000万円の人材になる道があるのか。さらに踏み込んで、実践的な議論ができる日を楽しみにしています。
年収1000万の線としてわかりやすい線引き。逆に言うと今1000万以上もらっている人で決断を繰り返していない人は危ないと思いますね。僕だったら「自ら仕事を創り出せる人」と言う定義にするかな
"だれかに指示された仕事をこなすのではなく、まだ情報が不確実な段階で、右か左か決めることを繰り返していく"
決断をキーにすると、事業を起こすというのは、社内なら相応の地位の人の決断を促すことだし、営業だったら、お客様の決断を、促すこと。ただし。決断してもさせてもその決断の大きさ(金額がわかりやすいのかな)が大きければ大きいほど1000万に近づくのかなと思ったりした。

技術者で言えば、他の人の2倍とかそれ以上でなにか作り出せるとか、そもそも他の人が何人関わっても作り出せないものを作り出せるとかそうなると年齢関係なく1000万に近づける(もしくは超す)かな、と思う。

どちらにしろ、そういったスキル、実績を真っ当に評価するところでないと1000万とか行かないかなぁと。
お金はあくまで指標だけど、
年収が高い人は、コミットメントを自分で立てて、
それを守れる人だと思います。
口だけの人や途中で逃げる人や他人になすり付ける人は
価値が下がっていきます。
今週の #TheUPDATE ,柴山さんの「1000万円以上の報酬は決断の対価」という考え方にものすごい深く首肯しました。ほかにも金言連発、社会的に意義のあるタイミングで、多面的な議論ができたと思います。次回はBリーグです!
常に決断が求められる事業責任者たちが、なにをもとに決断を行なっているのかというと「成し遂げたい世界に近づくことができる決断なのか」だと思う。

そしてチームを牽引する立場として、「その成し遂げたい世界が何なのか」、個々人には「その世界を成し遂げるための、どんな役割を期待しているのか」を伝えながら歩むべきではないかと考えている。