新着Pick
75Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
平成で急成長した企業は、勝負どころで分が悪いと感じたら、早々に撤退する力がある企業です。
 
「なんとしてでも生き残る」という経営者の発言は、グローバル化が進んだ社会ではあまりに非現実的であり、正直不安を覚えてしまいますね。
どういう戦略で生き残るのかが興味あるんですがね。
厳しそうな印象受ける記事ですが実態はいかに。

2017年のオリジナル記事を彷彿とさせる言葉。
【完全解説】パナソニックが賭ける「テスラ投資」、その誤解と正解(NewsPicks編集部、2017年07月20日)
https://newspicks.com/news/2371310
「もちろん生き残る、何としてでも生き残る」を実現するための戦略が不明ですね…

電池は、基本的に材料費と量産するボリュームによるコスト低減が鍵です。

そして、どちらも中国が圧倒的に有利です。

その逆境を跳ね返すことができる戦略が必要だと思います。

戦略なき精神論は、日本が太平洋戦争に負けた大きな要因です。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
1.97 兆円

業績