新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
調査範囲は、かんぽ生命だけではなく郵便局チャネル(金融渉外部局)まで広げるべき。
金融商品の不適切販売の要因は、商品知識の欠如、倫理教育の不足など数々あるが、過去の事案から共通するのは、インセンティブ構造である。
現代に馴染まないノルマ主義、転換・乗り換え看過、上意下達の文化を一掃すべきではないか。

法令違反の有無ではなく、法令の許される範囲で繰り返される顧客不利益を踏み台にしたインセンティブ構造そのものが問題である。
不利益の可能性がある商品への乗り換えはもってのほかですが、一方で「難しいことはわからない」と、商品説明に耳を傾けようとしない方が一定数いることも事実。
これは金融商品に限らず、情報をシャットアウトしたがる顧客は後々クレームに発展することも多い。
投信の不適切販売も含め、リテールの世界に身を置く立場として、本件はとても考えさせられます。
最近はどうか知りませんが、知人が保険の販売員になるたびに(今入っている保険は最悪だと言われて)「乗り換え」を勧められました。

人間関係もあって断れなかったケースもありますが、さすがに嫌気がさしました。

保険の販売員は、なったばかりの時が一番成績がいいようです。
親類縁者を回って契約を獲得し、たくさんの報酬をもらいます。

しかし、親類縁者が枯渇すると契約が取れなくなって辞めていく人が多いそうです。
販売員に一時的に多額の報酬を払ってもいずれは辞めていく、しかし保険契約は残る、というアコギなシステムです。
更に該当の契約が増えるかも知れませんね。
先日保険会社から似たような調査依頼がありましたが、一件でも不祥事が起ってしまうと、コストも手間も相当かかりますね。
株式会社かんぽ生命保険(かんぽせいめいほけん、英称:Japan Post Insurance Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社である。愛称は「かんぽ生命」(英通称はJP INSURANCE)。 ウィキペディア
時価総額
8,400 億円

業績