新着Pick
620Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
QRコード決済と非接触を比較した時に、QRコード決済のUXに勝機があるとすると、クーポンやインセンティブを表示できるという点に尽きる。

当然皆、そこを狙ってきているが決済事業者にとって難しいのは決済と販促は担当部門が分かれている事が多く、決済対応と販促での提携というのは別になる事が多いという点だ。

その点、小売事業者自身がサービスを提供する場合、垣根なく一元的にサービスを設計できるので、そのお店での利用に限れば決済事業者のサービスよりも利便性に優れたUXの設計ができると思う。

課題は、大手小売事業者が独自サービスを展開していくことで、乱立がより加速し、過去のハウスカードやポイントカードが乱立して店毎に持たないといけない時代に戻るのでないか?という事だが、それもアプリをたくさん入れないといけないだけなので、以前よりはマシという事だろうか。

せめて登録だけでも簡便になることを切に願う。
チェーンごとの決済システムは、すでによく使う人にとっては便利・お得ですが、それ以上の顧客獲得効果が気になっています。

当然ながら、お店ごとに毎回違うアプリを立ち上げるのは面倒なので、一般的なユーザーにはあんまりフレンドリーではないと思ってしまいます。
結局、お財布はいらなくなってもアプリはいっぱい必要になっちゃうんじゃないかなぁと。ユーザー体験としては、ポイントカードをたくさん持っている状態から大きく進化はしないかもしれません(まあ、物理カードじゃなくなるだけでも大きいですが・・・)

WeChatのミニプログラムのように、単一アプリの中に複数のお店のアカウントが並ぶとだいぶ便利だと思いますが、日本では様々なチェーンを単一事業者が束ねるのは至難の業かと。国内ではLINEさんが一番近い立ち位置ですね。
ここまでなんとかPayが乱立して、キャッシュバック、ポイントバックの大盤振る舞いをしている国が他にあるのでしょうか?
でも、海外の決済系企業が視察に来ている…という話しは聞かないので、このトレンドもまた日本のガラパゴスなのでしょうね。
宴の終わりに、何が残るのか?
みんな疲れ切って、ゴール手前で倒れている姿を想像してしまいました。で、ゴールを切れるサービスはなんだろう?
モバイルペイメントがどんどん普及するのは良いこと。
ただ、お客様を囲い込むことができるかと言うと難しいですね。

お客様は色んな決済方法を使い分ける。
いずれは淘汰されていくのでしょうが、
これらの決済行動からお客様のなにを理解し、
何を返していくのかが大切。

クーポン、キャッシュバックも良いが、もっと違う視点で
お客様との繋がり方を考える必要があると思います。
「決済とクーポン利用、ポイント付与が1アクションで完了する」ので、ファミマでの決済はこれが中心になると思う。

という意味では、独立系3社(PayPay、LinePay、メルPay)は、大型還元でスマホ決済の市場をつくることに大いに貢献したが、コンビニ決済以外を主戦場にすることになるのだろうか。(7payも7月から始まる。ローソンは独自のスマホ決済を現時点では発表していないが、やがて追随する可能性が高い?)

独立系3社(PayPay、LinePay、メルPay)は、たとえば、ファミマ店頭で、Tポイントを付与してもらって、クーポンを使って、決済をすると3アクション必要なので、コンビニでは主流になりにくいと予想します。

記事ではわかりにくいが、ニュースリリースによれば、独自ポイント付与は行わないと思われる(初期還元はFamiPayボーナスという名前で行う)。

となると、7月~10月までは、別途提示でTポイントが付与され、11月以後は、ファミペイにdポイント・Tポイント・楽天スーパーポイントのどれかを消費者が選ぶ方式が実装されるのだろうか?

つまり、ポイントに関しては、汎用ポイントのマルチホーミング戦略を11月以後ファミペイに実装する?

「11月から予定されているdポイント・Tポイント・楽天スーパーポイントとの連携」

ニュースリリース:https://www.family.co.jp/company/news_releases/2019/20190627_01.html
○○Payが多すぎてもはやついていけなくなっています。
みんな、全てを使い分けてるんでしょうか。
スマホもアプリだらけ?
ファミマ内は財布レスのコンセプトでどこまで広がるか、このPay乱立のあとどこが残るのか、引き続き注視です。
他との違いでいいなと思うところは、レシートもアプリで処理されるというところ。Apple Storeで買い物をすると、レシートがメールで届きますが、この体験はいい。ファミマのようにコンビニでこれが体験できるのは嬉しい。
2022年度内にキャッシュレス比率50%(他社決済含む)を目指すのか。時間が掛かる印象だけど、それくらいの年月が必要なのかな。

ニュースリリースより引用

1.目標
2020年度内にアプリ1,000万ダウンロード、2022年度内にキャッシュレス比率50%(他社決済含む)



『クーポンもポイントも決済も。毎日のお買い物を便利で楽しくするオールインワンアプリ「ファミペイ」誕生  ~バーコード決済「FamiPay」も同時に利用可能に~|ファミリーマート|ニュースリリース』
https://www.family.co.jp/company/news_releases/2019/20190627_01.html
ファミペイが全国のファミリーマートにて、7月1日から展開すると発表されました。
「本当にやらなくてはならないことは、お財布レスだ。ファミリーマートは、お財布のいらないコンビニエンスストアになる」
キャッシュレスではなくお財布レス。確かに。
https://newspicks.com/news/4008122
そしてサービスも複数併用するのではなく、メイン使いとサブくらいに集約したいです。
コンビニのキャッシュレス化はあまり進んでいなかった。モバイルPayの勃興で、少しずつ現金からキャッシュレスに切り替わっているようです。FamiPayでさらにキャッシュレス化が加速するかもしれません。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.02 兆円

業績