新着Pick
59Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ボーイング737MAXについては、以前から、6月末などそんなに早く解決できる気がしないと言ってきたので、予想通りです。かなり遅れると思うので、MAX購入予定企業は、代替案も検討することになると思います。
新たなリスクについて詳細が明かされていませんが、どうやらマイクロプロセッサーの不具合により失速防止システムが数秒間停止してしまう現象がシミュレーターによる試験で出た、ということでそのソフトウェア改修に多少の時間がかかる、という状況のようです。これまでは6月下旬にも既存の737MAXパイロットへの追加訓練の要目や、改修されたソフトウェアの導入を進めることを条件に飛行再開という報道になっていましたので、短くとも1ヶ月程度再開は遅れ、さらにそこから航空各社の対応となるため、実質9月ごろまではどの航空会社も737MAXを営業飛行には投入できないのではないかと推測されます。
やはり、ボーイングには不慣れであった、パイロットによる操作を必要とせず勝手に作動するようなソフトウェアを導入したのがよくなかったように思います。737MAXも通常の状態で飛行する分には、MCASなどというソフトウェアは原則として不要なわけで、ごく稀な極端な姿勢になった場合に、そこからの回復にMCASをパイロットが手動で動作させればよかっただけなのではないかと思います。そういう機体だとして、在来の737のパイロットに対する教育訓練を行った上であれば、おそらく300名以上の犠牲がでることはなかったと思います。

今後はおそらくMCASを完璧な状態として仕上げてくるものと思いますが、いっぽうでそれが完璧でなかった場合に備え、パイロットへの追加訓練の要目が発表されるものと思われます。きちんとした対処法をパイロットに浸透させることが、最終的に乗員乗客の命を守ります。
何のことだか分かりませんが,積み上げていくと飛行再開は早くても夏と見ていましたから,
https://newspicks.com/news/3849957?ref=user_2112738
まだ想定内.

【追記】 Bloombergによると,飛行停止の原因になったMCASとは関係ないそう.
https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2019-06-27/boeing-s-second-737-max-flaw-raises-questions-on-safety
世界が注目しているボーイングMAXの運行再開の日。追加のリスクがでてくるとき、米国の航空機製造業への信頼度は急速に低下してしまう。それにしても、いま駐機したままの多数の同型機の経費も相当の金額になる。どこが負担するのだろうか?
飛行機関係といえば事故が多かったり管理体制に問題があると見られる航空会社はユーロ上空を飛ばせてもらえず離発着どころか通過もダメなんですが主にアフリカの会社がブラックリストに載ってる中でアジアからはネパール航空が指定されてます。この会社は今まで日本に入ってきてなかったはずですがこの7月から関空に飛んでくるようになります。そして評判良ければ成田にも。成田ならまだいいかもしれませんが2020に向けて羽田の機能強化があり23区西部を飛ぶようになるので流石に墜落まではないと思いますが部品落下対策とか大丈夫かな?とか心配になります。
https://www.aviationwire.jp/archives/172955
こういうニュースが出てくると益々不安になってしまいますが、運行再開前に徹底的に検証することが大事だと思うので、焦らずじっくり行って頂きたいですね。
飛行機を安全に飛ばすのは本当に難しいのですね。三菱航空機㈱のスペースジェット(MRJ)の開発が遅れるのは、仕方ないですね。
今後も安全がすべてに優先してほしいです。
ソフトウェアの問題だけなのだろうか?

業績