新着Pick
47Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中国は既にプランBに実行を移しています。
今更プランBは遅れてをとるのみ。
人気 Picker
去年と違い、貿易戦争をするための環境が米中で逆転していると思うのですが。中国は長期戦を覚悟し、どんな制裁を受けても、あらゆる景気刺激策を講じてきます。一方、米国は、大統領選を控えて、少しでも経済にダメージを与えたら、トランプ大統領の失点になってしまいます。
会談は、アメリカの強さを見せびらかし、
会談してもしなくても最終的に関税を賦課する。
会談して関税を賦課する場合、よりアメリカの強さ(言行の不一致)を見せびらかす。
未来から歴史を振り返ったときに、2019が(あるいは2016が)アメリカと人類文明の衰退の始まりだったということにならないとこを、とにかく願っています。
米中首脳会談にて合意ができれば、中国製品に追加関税を発動を回避することも可能とトランプ大統領が話したとも報じられていますが、プランBの発動ありますでしょうか。
https://newspicks.com/news/4007039
https://newspicks.com/news/4006957
「プランB(次善の策)は月間べースで巨額のお金を収集し、中国とのビジネスを徐々に減らすというものだ」
ベトナムにも矛先が向かい始めましたね。