新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
去年の7月に売却が報道されたが、Walmartは否定。火のない所に煙は立たないので、何らかの検討はあったのではないかと思うが、少なくとも売却に資する価格での買い主はでなかったということ。
そのなかで、なぜ上場を目指すのかは気になる。保有者が増えれば、いざ売却するときなどはより複雑になる。とはいえ外部株主に売却できれば自社の資本負担は減るしキャッシュインもある。戦略的には、本国ではECとの融合がキーで、日本でも対Amazonで組みたいところが出てくるか。
SPEEDAでWalmartについて見てみると、メキシコ子会社(71%保有、売上約3.5兆円・時価総額約5兆円)や南ア子会社(52%保有、売上約8000億円・時価総額約1000億円)は上場しており、これらと同様の形を目指すということ。
https://newspicks.com/news/3226264/
これはWMTが西友の完全売却に至らず、次善策として選んだと思います。つまり、WMTは過去の西友への投資を回収し、かつ西友にはこれ以上自ら新規投資をしたくない、という表明だと思います。
 ちなみにすかいらーくが再上場する際、ベインは順次持分を売却し、今では浮動株比率70%でも問題なく運営されています。WMTも当初はともかく3年くらいのうちに完全に手放してしまうとコミットした方が、経営陣に緊張感が生まれ、新しい株主も歓迎すると考えます。
正しい戦略だと思います。

米国では、ウォルマートは完全にアマゾンの後塵を拝しています。

高齢社会である日本ではリアル店舗の存在感が米国よりも強く、今後の宅配業務等でアマゾンより優位に立てる可能性が高いです。

レッドオーシャンである米国より、ブルー(とまでは言えないか)である市場で戦いを挑むのはクレバーな戦略でしょう。

ただ、アマゾンもライフとの提携を発表しているので、遅れを取ると打撃は深刻になります。

拙宅は、ライフにも西友にも近いので、競ってくれれば嬉しいです(*^^*)
いつ頃の上場時期を考えているのか気になるところ。依然として西友は収益回復が課題のままであり、今後も紆余曲折がありそう
たまたま、今日は西友で買い物しました。
一時期生鮮食品の品揃えが良くなったなぁと思っていましたが、また悪化しているような気がします…
→ここ数ヶ月の感想

比較して、ようやくまともになって来たのがイオン。

株式公開を目指すなら、また腰を据えて経営してほしいです。
西友を再上場させて一部株を売却した方が、売却より利益が出ると考えてると思います。
外資が日本で食品スーパーを経営するのは難しいと思います。主婦なんかは特売に合わせて買い物する店舗を変えますし、生鮮食品の取り扱いも難しい。
上場しても赤字と黒字の間を行ったり来たりするのが関の山かな?
やはり、ドン・キホーテあたりが買収して運営自体をガラッと変えないと。
売れないからIPOって斬新だね〜