新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダウ-0.67%、S&P500-0.94%、NASDAQ-1.51%。
寄り付きだけプラスでジワジワ下落。新築住宅販売戸数も消費者信頼感指数も予想下振れ。10年債利回りはー0.03ptの1.99%、ドル円は107.2円と107円台に戻した。日経平均先物は140円ほど下落。
業種別にはテックー1.84%、通信サービスー1.60%、不動産ー1.35%、消費財ー1.07%など変わらずの素材以外はすべてマイナス。
個別では買収発表されたボトックスなど美用医薬品中心のAllergan +25.76%、一方買収する側のAbbvie-15.82%。あとはそれに伴う再編期待なのかMylan +3.84%、Biogen +1.86%が上昇。他にはテック系でAdobe -3.97%、MS -3.16%、Netflix -2.89%などが下落。引け後でMicronが+7.74%、また同様にメモリ手掛けるWD +3.41%と上昇。メモリ価格の下落で期待値が下がっている中で、実績が市場予想を上回り、DRAM・NAND両方で供給過剰は続いているもののビット需要の改善が見えているといった発言があった模様。まだ底打ちのサインが見えているようには見えないなかでの言及なので気になった。
https://on.mktw.net/2X7uTJi
米国株はダウが反落、ナスダックとS&Pが続落と主要3指数揃って下落。利下げを織り込んでの期待先行の上昇が止まって一服したところで先行き不透明感を思い出させられた形。単日で大した下げ幅ではないですが、垂れたところで目先下方向に勢いがつくかどうか。
米国株式市場は「ハイテク株の売りが下げを主導する中、下落して取引を終え」ました。