新着Pick
459Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに、ターミネーターからアイディアを得た技術が、液体から物体が浮かび上がってくるcarbon 3d printerです。

https://youtu.be/UpH1zhUQY0c


磁場をかけて、コロイド状の液体を動かしたか方が応用先も広くていいと思うのですが、プログラムできる液体金属だからこそ可能なアプリケーションって何でしょう?

液体ではプログマラブルで、さらに固体液体を可逆的に行き来できれば、材料としてかなりユニークになるかもしれませんね
リアルな3Dディスプレイ
液体でロボットと聞いて、真っ先にターミネーターが思い浮かんだ。
しかし、実際はあの映画のような液体の制御は相当難しいだろうし、そこまであの形状が実用的なのか?はまだイメージが湧かない。
2年前にISSで見たなぁと思ったらその記事でした。
三次元的なコントロールまで行くと更に面白いところです
プログラマブルな液体。面白い技術。さてこれで何ができるか。アイディアソンを開きたい案件。
とても面白いんだけど、「液体金属のコントロールが可能になることによって、今あるディスプレイやロボットなどの機能性が大幅に向上させられる」のがなぜなのか、よくわからない。
ついにT-1000の出現に向けての第一歩が始まる。

ワクワクするな。
液体金属が思考するのかと思った! 液体は電気で動かされてるだけだった🤮
ターミネーターのあれが実現近いのですね。