新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このような記事に安易に飛びついてはいけません。

元論文が分かりませんが(そもそも論文としてリリースされているかも分かりませんが)、認知症の一般的な臨床研究と比較して圧倒的に対象者数が少ないため、必要な対象数を計算して行っているという前提ですが、この研究で示そうとしたエンドポイントは、このBDNFという物質の数値であったと予想されます。

このようなエンドポイントを代用エンドポイントと呼びます。患者さんにとって重要なアウトカムではなく、「〇〇が下がった」という数字遊びになっているので「代用」と言うのです。それは必ずしも悪いことではないですが、BDNFという物質が上昇することと、認知機能が改善することはイコールではありません。記事を読むとそのようにも読めてしまいますが、科学的にはその解釈は不適切です。

また、後に示される認知機能の改善は、二次的なエンドポイントであり、これについてはその差が偶然かバイアスによるものかということが全くわかりません。

要するに、本研究から、タイトルの「ミドリムシを食べ続けると脳の認知機能が改善」という結論は導けません。
プレスリリースは以下のとおり
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2931/tdnet/1713595/00.pdf

研究として吟味できないので何とも言えません。どう割付して、どの程度のスコア変化があったのかも単位がないものもあってわからず。

少なくとも認知機能速度は24週で有意差が消失しており、繰り返し検査をしたことによる訓練効果なども影響してそうです。

ということで、特にどうということはありません。と、冷たくあしらってしまいそうですが。
今後もっと研究されて、なにがしか良質なエビデンスとともにミドリムシが流行ることを期待しましょう。
万が一認知機能が上がったとしても、それを目的に購入し続ける人は…
いろいろ深ぼられるリスクをとることなく、なんとなく健康っぽいブランディングで突き進んだ方がよいのではないでしょうか。
面白い。

大の大人がこんな話を堂々とするあたりが。
さすが
株式会社ユーグレナ (英語: euglena Co.,Ltd.) は、東京都港区に本社を置くバイオベンチャー。藻の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発及び生産管理、品質管理、販売等を展開している。 ウィキペディア
時価総額
758 億円

業績