新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
坚壁清野,不与敌粮。
人気 Picker
トランプ政権は、中国に対して繰り返し脅しをかけては緩め、「言うことをきかなければどうなるか分かっているな」というメッセージを送ってきました。今回の、3000億ドル相当の中国からの輸入品への関税賦課の保留も、単純に、このまま米中対立が緩和すると思わない方がよさそうです。問題の根本は何一つとして変わっていないからです。
米国は、本年5月に中国が米中貿易交渉において米中双方が合意した合意文書案に中国が大幅な修正を要求して以来、米国は中国がディールを破ったと認識しています。現在は、公式にも非公式にも、米中間に何の合意も存在していない状況です。
トランプ大統領としては、たとえ中国の挑戦を潰すためとはいえ、自らのせいで米国経済にマイナスの影響が出るのを避けたいでしょう。中国が約束を破るから、米国は仕方なく、中国に対して関税をかけるのだ、というロジックでなければなりません。
そのためにも、G20において、米中首脳会談は実施されなければならないのです。米国は、米中首脳会談で具体的な通商合意に至るとは予想していないと言っていますが、それどころか、中国が譲歩できないことを理解した上で、中国を悪者にしてさらなる圧力をかける口実に利用する可能性すらあります。
ただ、米国議会や経済界とは異なり、トランプ大統領は中国ともディールをする可能性があります。中国にとっては、トランプ大統領だけが救世主、なのかもしれません。それでも、トランプ大統領がディールする落しどころは、トランプ大統領本人にしか分かりません。中国としては、何としてもトランプ大統領とディールしてしまいたいでしょうが、苦しい駆け引きを強いられることに変わりはありません。
米国景気に弱さが目立ってきたので、これ以上貿易戦争を拡大したくないというのがトランプ大統領の本音だと思います。
日本のGW中にも、米中通商交渉合意間近の報道の中、急にちゃぶ台ひっくり返されましたから、今回の報道が間違いではないことを願います。
肌感覚ですが、中国の調子がよくないですね。取引先が事業縮小を始めました。倒産する会社も増えているのではないでしょうか。
アメリカの景気も陰ってきたと聞きます。トランプ大統領は再選を狙っているので、これ以上の不景気は望まないと思います。
やり方を間違えて大不況になったら目も当てられません。
記事を見ると中国が会談に応じる手土産として米側の追加関税発動の先送りを求めた模様です。真偽は不明ですが、米国側の手詰まりなのか、米国側が現状でも持久戦に持ち込めば成算があると観ているのか、本来対中タカ派スタンスである米政権の融和姿勢の背後にある思惑が気になりました。
普段の取材活動の中で感じるのは、米中貿易摩擦の影響拡大を懸念している中小経営者が少なくないこと。まだまだ予断を許さない状況だが、対立緩和に向けた前向きな動きと捉えたい
大統領選挙を前に経済指標とかも悪くなる中で、ぶち上げて譲歩を引き出して、それを成果として選挙で使いたい?と邪推もしたくなる…
とはいえ、これまでも発動を遅らせたこともある(一方で発動はしてきた)。たとえ遅らせたとしても、また議論が出てこないという話では全くないと思う。そこが根本的な不確実性。
この方針は、G20の米中首脳会談後に発表される可能性があるそうです。

米、対中関税の引き上げ延期 交渉継続、首脳会談開催へ(共同通信、2月25日)
https://newspicks.com/news/3699778
あまりにこうした展開を示唆する動きや見解が多いので、かえって心配になります。結局はそうなるのかもしれませんが、まだ数日あるだけに、トランプ大統領の突然のツィート等に振り回されないようにしたいですね。
これが事実であって欲しいです。

でも、イランに関するトランプ大統領の発言も、日本で記者会見をした時とその後を比較すると、えっ🤯と思うことが多々あり、公式発言はむしろ信用出来ないのでは?と感じます。

だから、こういう関係者の話を信用したくなります。
足元の円高は、夏休みに海外旅行に行く人が予め外貨を買っておくには良いタイミングですが、多くの企業には頭が痛いはずです。